健康・病気

インフルエンザの予防接種 子供は二回必要?理由と二回目の間隔はいつ?

投稿日:2017年10月12日 更新日:


インフルエンザの予防接種は子供の場合は二回必要といわれていますよね。

子供といっても幅が広く、子供の年齢によっても予防接種の効果は大きく違います。

インフルエンザの予防接種は子供に二回必要なのか?

必要な理由や、二回目を受ける時の間隔についてご紹介します。

子供の人数が多いご家庭は、インフルエンザの予防接種代だけでも結構な出費になりますので、参考になれば幸いです。

インフルエンザの予防接種 子供は二回必要?

インフルエンザの予防接種は子供の場合は二回必要といわれますが、本当に二回も必要なのでしょうか?

大人でも痛がる人もいるので、出来ることなら一回で終わらせてあげられないものかと思います。

二回予防接種が必要といわれている子供の範囲というのは、13歳未満を指します。

13歳未満の子供は、インフルエンザの予防接種は二回行った方がより効果が確実になります。

インフルエンザの予防接種 子供も一回じゃダメ?

では、一回だった場合はどうなるのでしょうか?

実は、子供でも二回目の予防接種をしなくても良いとされている場合もあります。

どういう場合かというと、

・去年インフルエンザにかかった

・毎年インフルエンザの予防接種をしている

こういった場合は、子供でも1回で良いといわれています。

ちなみに、大人でも流行のウィルスが大きく変った場合は、二回目の予防接種が必要になる事があるそうです。

インフルエンザの予防接種 子供が二回必要な理由は?

1回でも良い場合もあるのに、子供の予防接種が二回目が必要な理由はなぜなのでしょうか?

それは、13歳未満の子供の場合は、一回の予防接種だと抗体が確実ではないからです。

そもそも、インフルエンザの予防接種の役割は、体内にウィルスが入ってくる前に、先にウィルスを体内に入れて抗体を作って免疫を上げることです。

人間の体は、「一度ウィルスに感染すると、次に同じウィルスが入ってきても病気になりにくい構造」になっています。

その役割を担うのが「抗体」です。

この「抗体」が「免疫」を作ることによって、インフルエンザ菌を防いでくれます。

その為に、インフルエンザが流行する前に先回りして、あの痛い注射を打つわけです。

あの注射には「不活化ワクチン」といって、「感染しないウィルス」が入っています。

この「感染しないウィルス」がインフルエンザ菌がくる前に、体内にバリアを張ってくれるのですが、小さな子どもの場合は一回の接種だけでは十分な免疫ができないんです。

二回目を打つ事によって、体内にもう1度ウィルスが入ってきます。

そうすると、一回目に入っていたウィルスが反応して、よりバリアを強力に張ってくれるようになる仕組みです。

13才以上の場合は、これが一回の予防接種で行われるので一回で良いんですね。

ただし、こちらのインフルエンザの予防接種は幼児はしない方がいい?でも紹介していますが、1歳~6歳未満の幼児の場合は効果が低いので、そもそも予防接種を行わないという親御さんもいらっしゃいます。

特に3歳未満の幼児になると、より効果が低くなります。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種 子供の二回目の間隔は?

インフルエンザの予防接種を子供に二回目を受けさせるとしたら、適度な間隔はいつなのでしょうか?

インフルエンザワクチンを接種してから、予防効果を発揮するのに免疫を作る期間が通常2週間程度です。

ですので、一回目の予防接種を行ってから、二回目までの期間は2週間~4週間が目安です。

ご家庭のスケジュールや病院側の予定もあると思いますが、より効果を上げるのであれば3週間~4週間で二回目を行った方が良いですよ。

13歳以上の場合は1週間で免疫が出来ますが、13歳未満は2週間はかかりますので、二回目は一回目との間隔を2週間は空けるようにしてください。

インフルエンザの予防接種 二回目が4週間を超えた場合は?

では、一回目と二回目の予防接種の期間が、4週間を超えてしまうと意味がないのでしょうか?

もし、4週目を超えてしまった場合でも大丈夫です。

3歳以上の子供の場合であれば、一度抗体が出来ていますので4週間以上空いても特に問題はありません。

では、3歳未満の幼児の場合はというと、3歳未満でも4週間以上空いても構いませんが、可能な限り早めに二回目の予防接種を行ってください。

インフルエンザの予防接種を子供に二回目を受けさせる間隔としては、一回目から2週間~4週間程度の間隔がベストです。

都合がつかない場合は、4週間を超えても特に問題ありませんが、3歳未満の幼児はできるだけ早く二回目を受けさせてあげてください。

インフルエンザの予防接種 子供の二回目はいつまでに?

インフルエンザウィルスが流行するのは、毎年12月~翌年の3月です。

インフルエンザワクチンの効果は、二回目接種した場合、3~4ヶ月続くともいわれています。

ですので、12月までには二回目の予防接種を完了しているのが望ましいですね。

ただ、もし12月までに終わらなかった場合でも、周りでインフルエンザが流行していなければ予防接種はした方が良いですよ。

>>>子供がインフルエンザに感染してしまった場合どうする?感染を防ぐ対策や看病の仕方は?

インフルエンザの予防接種 子供は二回必要?理由と二回目の間隔はいつ?まとめ

1歳~13歳未満の子供のインフルエンザの予防接種の二回目についてまとめました。

 
【インフルエンザの予防接種が子供は二回必要な理由】

・一回だと抗体のでき方が不十分

・一回だけよりも、二回予防接種した方が、体内のバリアが強力になる

【インフルエンザの予防接種を子供に二回目を受けさせる間隔】

・一回目から2週間~4週間後

・4週間を超えても問題ないが、3歳未満は可能な限り早く

・インフルエンザが流行する12月までには二回目の接種を終わらせておくのが良い

・12月を超えた場合でも、周囲で流行していなければ予防接種は行ったほうが良い

【インフルエンザの予防接種 子供でも一回で良いとされている事例】

・去年インフルエンザにかかった

・毎年インフルエンザの予防接種をしている

お医者さんに子供の予防接種について聞いたところ、「1回でも意味がないわけではないが、2回予防接種した方が好ましい」との事でした。

予防接種の料金が、もう少し安くなってくれたら良いのにと、毎年思います。

>>>インフルエンザと水ぼうそうの予防接種が重なってしまった場合どうすればいい?

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

-健康・病気
-,

関連記事

スマホえんきん2袋

スマホの見過ぎで焦点が合わない!スマホえんきんをお試ししたレビュー!

最近、スマホの画面を見る時に目の焦点が合わなくなっている事に危機感を感じていました。   ご飯を食べるときに、「お茶碗の中のご飯がぼやけて見えた」ので、これはいよいよヤバイなと思い、「スマホ …

歯が痛い女性

親知らず抜歯の翌日に仕事に行く為に腫れや痛みを抑えた方法

長年放置していた、下の歯に横向きに生えている親知らず2本のうち1本を抜歯しました。 親知らずを抜く時に心配だったのが、痛みや後遺症もありますが、「仕事に行けるのか?」ということでした。   …

銀歯が取れた場合の作り直しの費用は?2年間は保険が効かないって本当?

突然、銀歯が取れてしまった! そうなったら、当然新しい銀歯を作りなおすことになると思います。   そんな時、歯医者さんのルールを知らないと、実は払わなくて良いお金を払ってしまっていたという事 …

初めてのアイラッシュ

初めてのマツエク失敗したくない!自分に似合う予約方法は?オフ・本数・セーブル?初心者が決めることは1つだけ!

【はじめてのマツエク 初心者が失敗しないための予習】 今回は、まつエク初心者が、初めてサロンに行く前に、抑えておくべきポイントについてです。   私は、温泉旅行の外湯めぐりがキッカケでまつエ …

インフルエンザと水疱瘡の予防接種は同時?優先するのは?間隔はいつ?

インフルエンザの予防接種の時期と水疱瘡(みずぼうそう)の予防接種が重なってしまった。 こんな時、どちらも同時に予防接種するべきか、日程をずらすべきなのか迷ってしまいますよね。 大人でもインフルエンザの …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。