お祭り・花火大会

江ノ島花火大会に浴衣の人はいる?10月でも寒くない着こなし方

投稿日:


10月に行われる、ふじさわ江ノ島花火大会。

お昼は観光やデートを楽しんで、夜は花火を観賞する方も多いと思います。

夏に比べて涼しいので、浴衣が着やすい季節です。

ただ、10月に浴衣を着てはダメなんて意見もありますし、江ノ島花火大会に浴衣で着ている人がいるのかも気になる所ですよね。

そこで、江ノ島花火大会に浴衣を着ている人の割合や、10月に浴衣を着る時の着こなしについてご紹介します。

スポンサーリンク

江ノ島花火大会に浴衣の人はいる?

ふじさわ江ノ島花火大会の近くには、「新江ノ島水族館」もあるのでお昼から現地に到着しても楽しむことができるので良いですよね。

夏の花火大会の時期は、日中暑いので浴衣だとバテてしまいますが、10月は日中涼しいので浴衣で過ごしやすい季節です。

ただ、夜は気温が下がりますし、10月に浴衣は季節外れという声もありますので、どのくらいの人が浴衣で花火大会に参加しているのか気になりますよね。

浴衣の人と洋服の人の割合でいうと、当然ながら浴衣の方が少ないです。

ただ、これは10月だからというわけではなくて、夏のお祭りや花火大会でも同様です。

江ノ島花火大会に浴衣で行かれている人は、多数いますので安心してください。

浴衣を着ている方の年齢層も幅広いですし、鎌倉駅近くの着物屋さんでは、浴衣の着付けも行っているくらいです。

ですので、江ノ島花火大会で浴衣を着ている人はいるの?と心配されている方は安心してください。

江ノ島花火大会に浴衣を着るのはおかしい?

10月に浴衣は季節外れなので、着るのはNGといわれています。

そもそも、浴衣を10月に着てはいけない理由としては、浴衣は主に6月~9月の間に着用するものとされているからです。

浴衣を着る季節の目安は「立秋」までですので、浴衣を10月に着るというのは季節外れで恰好悪いとされています。

10月にTシャツで外を歩いているのと同じという人もいらっしゃいます。

ただ、10月でもTシャツ姿の方もいますし、着ている本人が良ければ問題ありませんよね。

専門家としてはどう考えているのかを、着物の着付けをしている知人に聞いてみました。

一般的には立秋までなので、時期は外れていると思う。

ただ、オシャレやファッションはその人の個性なので、10月に浴衣を着ているからといって変ではない。

周りがどうこう言う問題ではなく、本人が良ければそれが正解だと思うので、秋らしくコーディネートすれば良いのでは?

との、事でした。

実際、江ノ島花火大会に浴衣を着ていった(いく)人の意見としても

  • お祭りには浴衣なので着ていった
  • 今年浴衣を着る最後のチャンスなので着ていく
  • 過去に着ている人を見かけたので今年は着ていく
  • 屋台も出ているしお祭りの雰囲気を楽しみたいので

などの意見もありますので、浴衣を着ていっても違和感はないと思います。

そのうえで、「10月に浴衣は季節外れだというのはわかってますよ」という雰囲気を出した着こなし方が良いと思います。

スポンサーリンク

江ノ島花火大会 浴衣でも寒くない着こなし方

江ノ島花火大会に浴衣を着ていく、もしくはレンタルされるのであれば、「秋らしく見える色柄」を選ぶ事と「寒さ対策」がポイントです。

【秋らしく見える色柄】

・渋めの茶色

・深い藍色

・からし色

・他にも、夏をイメージさせない柄が良いですね。

最近はモダン柄が豊富なのでオススメです。

ふじさわ江の島花火大会は、海岸沿いで花火が打ち上げられますので寒さ対策も重要です。

【カーディガンや薄手のストール】

あまりしっかりした羽織だと、”浴衣の素材感のギャップ”が出てしまいます。

ですので、しっかりしすぎた物ではない方が良いと思います。

ただし、花火大会当時の気温にもよりますので、あまり気にしすぎないようにしてください。

寒すぎて、花火大会に集中できなくなるかもしれませんので。

【半襟を仕込む】

半襟を仕込むことによって、少し着物の雰囲気が出ますし、首元や胸元の防寒対策にもなります。

選ぶ柄は浴衣同様に、秋らしい色の方が良いと思います。

【和装用のストッキング】

普通のストッキングだと、下駄が履けなくなってしまいますよね。

ただ、和装用ストッキングは下駄が履ける作りになっています。

夜は、気温も下がりますし、足元から体が冷えてきます。

足元が冷えると、いくら上半身を温かくしていても、あまり意味がありません。

ですので、足元も冷やさないように和装用のストッキングを使用された方が良いと思います。

【ブランケット】

着衣ではありませんが、ブランケットや毛布も持っていっておいた方が良いと思います。

一枚あるだけで、寒さがかなり和らぎます。    

江ノ島花火大会に浴衣の人はいる?10月でも寒くない着こなし方のまとめ

ふじさわ江ノ島花火大会には浴衣で訪れている方もいますし、駅前では浴衣のレンタルも行っています。

秋らしい色柄を選んだり、寒さ対策をしたりと、ある程度の工夫は必要ですが10月に浴衣を着ても問題ありません。

花火の打ち上げが海岸沿いですし、夜の気温が低くなっているので、風邪を引かないようにしっかり防寒対策をしていってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お祭り・花火大会
-,

関連記事

男性の浴衣の帯の種類と選び方 結び方にはどんなものがある?

浴衣の帯って慣れていないと、すごく面倒くさく感じてしまいます。 浴衣を日常着ている人からすると、なんてことはない「浴衣の帯」ですが、普段浴衣を着ない人からすると少々ハードルが高いです。 初めて浴衣を着 …

猪名川花火大会の屋台の出店場所で混雑していなくて見やすい所は?

花火大会が始まる前に屋台を楽しむ方も多いと思いますが、猪名川花火大会で屋台も花火も楽しむのであれば、会場は間違わないようにしてください。 せっかくの花火大会なのに、行った会場に”屋台が全然ない”なんて …

岸和田だんじり祭りに車で行く注意点と駐車場で周辺のおすすめの場所

岸和田だんじり祭の日は、車はどこに止めれば良いのか悩みますよね。 特に初めて行く場合は、どんな状況なのかもわからないですし、下手な場所に止めてトラブルや渋滞に巻き込まれるのも嫌ですよね。   …

いせさき花火大会の屋台の場所は?交通規制を回避できる駐車場とアクセス方法!

花火大会に欠かせないのものといえば、屋台ですよね。 屋台の数が多ければ多いほど、花火大会が賑やかな雰囲気になります。 いせさき花火大会にも、もちろん屋台は出店しているので、出店数や場所について紹介して …

大曲花火大会の屋台の場所と時間は?最寄り駅の混雑状況と到着時間は?

日本三大競技花火大会の一つ「大曲の花火」には、毎年多くの人出で賑わいます。 その数、なんと約80万人です! 一晩で80万人なんで、もの凄い数ですね。 それだけの人出があるので、当然屋台も数多く出店して …

スポンサーリンク