ひな祭り

雛人形の飾り方 お内裏様の位置の関東と関西の違い 刀の向きは?

投稿日:2018年1月6日 更新日:

ひな人形
ひな祭りになると、雛人形を飾りますが、1年に1回だけなので飾り方を忘れてしまいがちなんですよね。

お内裏様の位置って、左右どちらに飾るんだっけ?

右に飾っているものもあれば、左に飾っているものもあるので、どちらが正しいのかと迷ってしまいます。

 

男雛を右に置くのか、左に置くのかは、関東と関西によっても違いがあります。

お内裏様の位置と一緒に、なぜ関東と関西で違いがあるのかについてもご紹介します。

スポンサーリンク

雛人形の飾り方 お内裏様の位置は?

「お内裏様の位置は、右か左どっちに置いたら良いの?」と聞かれると、”男雛の位置”について聞かれていると思いますよね。

私も、ずっとそう思っていましたが、実はお内裏様というのは男雛のことではありません。

初めて知った時は、かなり驚きました。

 

ひな祭りの歌にも、「お内裏様とお雛様、二人並んで~♪」という歌詞が出てきますよね。

子供の頃からこの歌を聞いているので、てっきり【お内裏様=男雛、お雛様=女雛】と思っていました。

お内裏様というのは、男雛と女雛の2人で一人を指す言葉なんです。

ということは、「お内裏様とお雛様、二人並んで~♪」という歌詞の意味は、「男雛・女雛・女雛」の3人いるということ・・・ではありません。

 

実は、お雛様というのも、男雛と女雛の2体の呼び名のことなんです。

ということは、ひな祭りの歌には、男雛・女雛・男雛・女雛の4体のひな人形がいるということです。

ですので、男雛の位置を聞くときは「お内裏様の位置は右と左どっち?」ではなく、正しくは「お殿様(男雛)の位置は右と左どっち?」になりますね。

 

殿様を置く位置ですが、向かって左側が殿様、右側が姫様になります。

私は、右か左かを忘れないように、「結婚披露宴で新郎新婦が座る位置と同じ」という覚え方をしています。

結婚披露宴でも、向かって左側が男性、右側に女性が座りますよね。

こうして覚えておくと、「あれ?どっちだったけ?」となった時でも、すぐに思い出すことができます。

 

では、なぜ正面から見て右側に殿様を置いているものもあるのかというと、関東と関西(京都)の違いです。

京都のひな飾りは、向かって右側が殿様、左側が姫様になります。

なぜ、関東と京都で飾る位置に違いがあるのかについて、ご紹介していきますね。

雛人形の関東と関西の違い

雛人形が京都と関東で飾り方が違う理由は、大正時代にさかのぼります。

元々は、日本古来の座り方だと「左上座」といって、向かって右側に一番偉い人が座るというのが常識でした。

大河や時代劇などを見ていると、たまにお城でお殿様とお姫様が座っているシーンがありますが、お姫様は殿様の左側に座っています。

 

下の画像は、左上座に男雛が座っています。

 

では、なぜ男女の並びが反対になったのか?

明治時代になってから、西洋の文化が取り入れられるようになったのですが、西洋では「右側上位(向かって左側)」という考え方で、男女の並びは日本と逆でした。

西洋の文化が取り入れられてから、初めての即位式、つまり大正天皇の即位式の時に、西洋文化にならって、天皇陛下は向かって左側に立たれました。

昭和天皇の即位式も、向かって左側に天皇陛下、右側に皇后陛下がお立ちになられたことが、今の関東風のひな人形の飾り方の始まりとされています。

 

京都だけが、昔の「左上座」のままの理由は、昔からの伝統を忠実に守っているので、男雛が右側、女雛が左側という飾り方をしています。 

スポンサーリンク

雛人形のお内裏様の刀の向きは?

男雛の脇に差してある刀、あの刀にも正しい向きがあります。

刀も「向きはどっちだったけ?」と忘れがちなのですが、覚え方があるんです。

 

刀は大きく分けると、”太刀”と”打ち刀”の2種類があります。

太刀と打ち刀では、差し方が違って「太刀は刃が下向き」「打ち刀は刃が上向き」です。

男雛が持っているのは、太刀なので、脇差しは下向きに飾るのが正しい飾り方になります。

 

太刀が使われていたのは、主に平安時代~室町時代といわれていて、武器として使用されていました。

刀を抜いた時にそのまま相手を斬れるので、刃は下向きになっていたそうです。

反対に打ち刀が使われていたのは、室町時代~明治時代で、武器としてより装飾品として用いられることが多かったようです。

 

ということで、忘れないようにする為に、「殿様は姫様を守る為に、いつでも刀で敵を斬れるように太刀を持っている」というように覚えています。

多少強引な覚え方ではありますが・・・

使わなくなった雛人形の寄付の仕方の手順と引き取り先

雛人形の飾り方 お内裏様の位置は?まとめ

雛人形のお内裏様・お雛様は、男雛・女雛を指す言葉ではなく、男雛と女雛2人で1人を指す言葉です。

今まで、「お内裏様(お雛様)の位置は右か左どっち?」と聞いていたのは、「男雛と女雛の位置は右か左どっち?」と、なんともややこしい聞き方をしていたということなんですね。

雛人形の飾り方で、全国的に使われているのが関東の飾り方の「向かって男雛は左・女雛は右」です。

ただ、どちらが正しいということはありませんので、ご家庭ごとのスタイルに合わせて飾ってくださいね。
【ひな祭り関連】
3分折り紙工作!菱餅の超簡単な作り方!
壁から吊るしているひな祭りの飾りは何?折り紙で作るつるし雛

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ひな祭り
-,

関連記事

高齢者の工作におすすめのお雛様

ひな祭りの工作で高齢者におすすめ!デイサービスで簡単飾りの作り方!

【簡単すぎるのに華やかな手作りお雛さま 高齢者向け 幼児にも】   こどもと一緒に工作をすることが多い我が家ですが、 今回は高齢者向けの、簡単なひな祭りの工作を考えてみました。   …

ひな人形のイラスト

お雛様の手作り簡単工作!幼児と製作できる雛人形の作り方!

自宅にある材料で、お雛様の手作り簡単工作です! 2月・3月は入園式や卒園式の準備など、小さいお子さんを持つお母さんは忙しいですよね。 「ひな祭りだから、何か工作したい」と思っても、あまり時間はかけられ …

猫の雛人形とつるし雛

つるし雛の作り方 折り紙を使って簡単に手作りできる可愛いもの!

雛人形の壁飾りを手作りしました。 壁飾りを作り終わった時に、「この折り紙を壁に吊るしたものに、名前はあるのかな?」と気になったので調べてみました。 「つるし雛」というそうですね。 福岡県では「さげもん …

雛飾りのイラスト

菱餅の折り紙を使った作り方 簡単工作で3分で完成!

ひな祭りに飾る、三色のお餅「菱餅」を折り紙を使って手作りしました。 折り紙さえあれば、簡単に作る事ができるので、雛人形を作るついでにチャチャッとできますよ。   ちなみに、この菱餅の形や3色 …

ひな壇に飾られた雛人形

紙コップでお雛様を簡単工作!可愛い雛人形の作り方♪お内裏様も!

紙コップを使った可愛いお雛様の簡単な作り方です。 「お雛様やお内裏様」の他に、「三人官女(さんにんかんじょ)」や「五人囃子(ごにんばやし)」を作って、幼稚園や保育園でみんなでワイワイ作ったり、お友達同 …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。