お祭り・花火大会

淀川花火大会19時以降の到着でも大丈夫!十三側観覧スポットへの行きかたと花火の見え方を【画像つき】で紹介!

投稿日:2018年7月23日 更新日:

淀川花火大会

淀川花火当日はかなり混雑するので、できれば早めに到着しておきたいところですが、そういうわけにいかない事情もありますよね。

淀川花火大会の公式サイトには、「最寄駅への到着が、午後6時をすぎると、打上げ時間までに会場に到着できない場合があります」という記載があるので、少し不安になってしまうかもしれません。

 

でも、大丈夫です!

淀川花火の打ち上げ時間は19時40分~なので、19時に十三駅に到着しても、花火を見るスポットは十分あります。

昨年、19時過ぎの淀川花火大会の場所を検証する為に、十三駅に19時00分頃に到着してみました。

 

花火を観覧する場所を確保できましたし、しっかり花火を見ることもできました。

「淀川花火大会当日は、仕事で到着時間が19時頃になってしまう」というような方でも、花火をゆっくり楽しめる場所をご紹介します。

淀川花火の十三観覧スポット|19時を過ぎても場所が確保できるのはココ!

下の画像は、2017年の淀川花火大会当日19時頃の十三駅付近です。

淀川花火当日19時頃の十三駅周辺の様子

この時間になると、会場に向かう人が少し少なくなってきます。

 

 

そして、今回ご紹介する観覧場所から見える花火はこんな感じです。

淀川花火大会十三河川敷エリアから見える花火

河川敷エリアに入ることができないので、流石に下の方の花火は見えませんが、上空に打ち上げられた花火は綺麗に見る事ができます。

 

このエリアであれば、19時を過ぎても十分観覧場所を確保できます。

検証する為に敢えて19時30分頃に到着しましたが、しっかり花火を楽しむことができました。

こちらの場所への行きかたについてご紹介していきます。

淀川花火十三エリアへの行き方

まず、十三駅の改札を出て、まっすぐ商店街に向かいます。

十三駅の改札を出て商店街に向かう

 

 

商店街に入ったら、まっすぐ進んでいきます。

十三商店街の様子

 

 

商店街を直進して、左手にコロッケ屋さん・右手に布団屋さんが見えたら、左に曲がります。(案内板も出ているので、すぐにわかると思います)

コロッケ屋を左に曲がる

 

ちなみに、角にあるコロッケ屋さんの「鬼平コロッケ」は1個50円とリーズナブルです。
サイズは少し小さめですが、甘みがあって美味しいですよ。

鬼平コロッケ

ここから5分~10分程度歩くので、コロッケを食べながら行くのもいいかもしれませんね。(※鬼平コロッケは19時までの営業です。昨年19時過ぎに営業していたかどうか忘れてしまいました)

 

 

こちらの交差点を左に曲がってすぐの所に100円ローソンがあります。

左に曲がると100円ローソン

 

 

この信号を渡って、もう少し歩くと堤防沿いに到着します。
ちなみに、この信号を渡った左手にファミリーマートがあります。

信号を渡り左手にファミリーマート

花火の観覧スポットまでのコンビニは、この2ヶ所です。(十三の商店街の中にローソンもあります)

 

 

この場所は、淀川花火大会当日、びっくりするくらい自転車が止まっています。
自転車で来る人はココに停める人も多いようです。(止めて良いかどうかはわかりませんが・・・)

淀川花火大会十三付近自転車置き場

 

 

河川敷まで到着したら、左に曲がります。

堤防沿いを左に曲がる

 

 

ふだんはこんな感じですが、花火大会当日はもの凄い数の人が場所取りをしています。
ただ、19時を過ぎて到着しても、意外とスペースが空いていました。(特に奥のエリア)

奥の方がスペースが空いている

 

 

手前よりも奥の場所の方が、良い角度で花火を見ることができると、個人的には思います。

同じ場所でお昼と夜に撮影しました。

十三観覧スポットお昼の様子

淀川花火大会十三側観覧スポット夜の様子

 

 

19時以降になると、さすがに中には入れませんが、上空に打ち上げられた花火だったら、十分綺麗に見ることができますよ。

スポンサーリンク

淀川花火大会の十三会場の屋台は花火終了後に楽しめる

淀川花火大会は18時30分を超えると河川敷に入れなくなるので、19時以降の到着の場合、屋台を楽しむことはできません。

河川敷エリアは、花火大会終了後に解放されるので、屋台は帰りに楽しみましょう。

淀川花火の河川敷エリアは閉鎖される

 

 

花火の打ち上げ終了になると、河川敷エリアが解放されます。

ただ、すぐに中に入れるわけではなく、河川敷エリアから出る人が優先されるので、なかなか入ることが出来ません。

なので、屋台を楽しみたい方は、しばらく待機です。

花火大会終了後の屋台は、オマケをしてくれるお店が多いので狙い目ですよ。

 

 

 

帰りの道はココを右に曲がった方がショートカットできるのですが、「住所が確認できるもの」がないと警察官に止められてしまいます。

十三花火の帰り道 ココを右に曲がった方が早いけど警察官がいるので通れない

昨年通れるか試してみましたが、住所を確認できるものがないのでダメでした。

淀川花火大会の十三側観覧スポット|19時以降の到着でも間に合う場所 まとめ

淀川花火大会当日、十三駅に19時以降の到着でも花火を見られるスポットをご紹介しました。

十三駅は17時を過ぎるとかなり混雑します。

 

19時以降の到着は、プラスに考えると混雑を避けられるので良いかもしれませんね。

⇒なにわ淀川花火大会(十三花火)の観覧場所や行き方のコツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お祭り・花火大会
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

琵琶湖花火大会の屋台の場所と時間と最寄り駅!花火も楽しめるのはここ

琵琶湖花火大会で屋台と花火の両方をしっかり楽しむことができるスポットがあります。 滋賀県大津市で開催される琵琶湖花火大会について、屋台の出店場所や露店の営業時間、さらに最寄り駅などの花火大会を楽しむ情 …

土浦花火大会で浴衣を着るのは変?寒い時の対策と持ち物で便利な物

土浦花火大会は10月に行われますので、今年最後の花火大会になる方も多いのではないでしょうか? 浴衣を着るチャンスが今年最後なので、浴衣で行きたいけれども、他に浴衣の人がいるのだろうか? 浴衣で行ったら …

みなとこうべ海上花火大会の観覧場所の混雑状況とおすすめスポット!

みなとこうべ海上花火大会の観覧場所一覧と混雑状況とおすすめの場所についてです。 みなとこうべ海上花火大会に初めて行かれる方や、どの観覧場所で花火を見たら良いのかわからないという方はぜひ参考にしてくださ …

天神祭の屋台がある場所と最寄り駅はどこが良い?おすすめの屋台は?

日本三大祭の一つ、大阪の天神祭。 毎年7月24日と25日に行われるのですが、毎年毎年、よくこれだけの人が集まるなというくらいの人がいます。   屋形船を楽しんだり、花火を楽しんだり、屋台を楽 …

祇園祭の山鉾巡行の見所は?前祭と後祭の違いとおすすめの日程や持ち物

京都の代表的なお祭りの祇園祭に、今年初めて行ってみようかなという人も多いのではないでしょうか? 7月に1ヶ月間続く祇園祭のメインイベントでもある山鉾巡行の見所について、初めて行く人向けに紹介します。 …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。