ひな祭り

ひな祭りに男の子が喜ぶ雛人形の作り方!ママも楽しめる桃の節句

投稿日:

雛人形を抱く男の子
ひな祭りは女の子のための行事ですが、「男の子も楽しんでも良いじゃないか」ということで、男の子が喜ぶ雛人形を作ってみました。

ひな祭りは「子供の成長や健康を願うお祭り」なので、「お姉ちゃんだけ」とか「妹だけ」ではなく、みんなでお祝いして家族のイベントにした方が楽しいのではないかなと思います。

 

男女どちらの子供がいるお家も、男の子だけのお家も、「男の子」も一緒にお祝いしてみてはどうでしょうか?

男の子が喜ぶ、ひな祭りの雛人形工作です。

スポンサーリンク

ひな祭りに男の子でも楽しめる雛人形

【雛人形の完成形】

ダイソープチブロックの雛人形

 

【雛人形の準備(材料)】

  • ダイソーの「プチブロック」でつくった動物2体(千代紙で包めるサイズなら何でもOK)
  • 千代紙2枚
  • 折り紙(ピンク・黒)

 

【雛人形の準備(道具)】

  • ハサミ
  • 両面テープ

男の子が喜ぶ雛人形の作り方の説明

男の子なので、普通に折り紙で雛人形を作ってもあまり喜ばないので、ダイソーのプチブロックを利用しました。

プチブロックに着せる、着物の作り方の流れを説明します。

①千代紙を切る
②着物を着せる
③飾りを作る

スポンサーリンク

男の子が喜ぶ雛人形の作り方

【手順①】

「千代紙を切る」

千代紙とダイソープチブロック

2枚それぞれを対角線で半分に切って、三角形をつくります。

子供に決めてもらったところ、キリンが男雛、パンダが女雛となりました。

「パンダの方がかわいいからお姫さま」なのだそうです。

 

【手順②】

「着物をきせる」

スカーフを巻く要領でかぶせます。

まずはキリンから。

ブロックで作ったキリンに千代紙を巻く

 

偶然にもピッタリだったので、このまま前の方で重ねて両面テープでとめます。

千代紙を巻いたキリン

一応、ちゃんと「右前」にしました。

 

次にパンダです。

同じように、スカーフの要領で巻きつけて、両面テープでとめます。

ダイソーのプチブロックで作ったパンダに千代紙を巻く

笹は邪魔だったので、外しました。

 

裾がかなり余ったので、はさみで適当に切りました。

千代紙を巻いたパンダ

 

【手順③】

「飾りをつくる」

折り紙で烏帽子を作る

黒い折り紙を、烏帽子(えぼし)の形に切ります。

ピンクの折り紙を、扇形に切ります。

(扇は金色で作ろうとしていたのですが、子供の希望でピンクになりました。)

 

それぞれを、両面テープで貼りつけたら完成です!

【雛人形の折り紙工作!】
可愛いつるし雛を折り紙で簡単に手作り!
3分で完成!折り紙で作る菱餅!

ひな祭りに男の子でも楽しめる雛人形まとめ

女の子だけでなく、男の子も楽しめるように、ダイソーのプチブロックを利用して雛人形を作ってみました。

ダイソーのプチブロックを作る過程から楽しめるので、男の子がいるご家庭には良いんじゃないかなと思います。

プチブロック以外でもサイズさえ合わせれば、オリジナルの雛人形を作ることができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ひな祭り
-,

関連記事

雛人形

雛人形を寄付したい 募集している引き取り先の探し方と注意点!

子供の成長を見守ってくれた雛人形、使わなくなったからといって粗末に扱いたくはないですよね。 できることなら、大切に保管しておきたい気持ちもあると思います。   ただ、飾らずにずっと押し入れの …

ひな壇に飾られた雛人形

紙コップでお雛様を簡単工作!可愛い雛人形の作り方♪お内裏様も!

紙コップを使った可愛いお雛様の簡単な作り方です。 「お雛様やお内裏様」の他に、「三人官女(さんにんかんじょ)」や「五人囃子(ごにんばやし)」を作って、幼稚園や保育園でみんなでワイワイ作ったり、お友達同 …

折り紙で作ったちらし寿司の完成

ひな祭りのレクにぴったりの高齢者向け工作!楽しく作るちらし寿司♪

【ひな祭りのレクにぴったり!高齢者が楽しく作れる折り紙のちらし寿司】 デイサービスでひな祭りにする製作、と言えば「ひな人形」や「つるし雛」が定番ですが、「ちらし寿司」を作るレクもいいですよ。 とっても …

ひな祭りメニュー

ひな祭りのちらし寿司に合うおかず!子供が喜ぶアイデアメニュー!

ひな祭りの夕食の献立で、ちらし寿司に合う子供が喜ぶおかずの紹介です。とっておきのオリジナルアイデアもあります!

ひな壇に飾ったお雛様

お雛様の製作で小学生向けのライトアップできる雛人形工作!

もうすぐひな祭りですね。 ひな祭りの工作は、ひな祭りの工作で幼児と簡単に手作りできるひな飾りのまとめ!でも色々紹介していますが、今回はお昼も夜も楽しめる、お雛様の作り方です。 お昼は普通の雛人形として …