お祭り・花火大会

淡路島まつり花火大会の帰りの渋滞を避けられる穴場スポット!地元のオッチャンに聞いたおすすめはココ!

投稿日:

打ち上げ花火
淡路島まつり花火大会は、行く時の渋滞や混雑もスゴイですが、花火大会が終わったあとの渋滞や混雑も一層すごいことになります。

 

高速の入口の洲本インターチェンジまでは、通常であれば15分~20分あれば十分到着しますが、花火大会当日は3時間~4時間くらいかかってしまうこともあります。

 

 

この混雑を避ける方法はないものかと、前回淡路島に行った時に地元在住歴56年のオッチャンに、地元の方が行くようなスポットについて聞いてみました。

 

花火の打ち上げ会場の近くで見るんだったら、帰りの渋滞を回避する方法なんてない。でも、少し離れた穴場の場所だったら、帰りの渋滞は避けられる可能性が高くなる」ということでした。

駐車場や行きの渋滞や混雑については、コチラの淡路島まつり花火大会の駐車場|渋滞や混雑を避ける方法は?を参考にしてください。

 

なので、淡路島まつり花火大会の帰りの渋滞を避けれられる穴場スポットについてご紹介します。

淡路島まつり花火大会の帰りの渋滞を避けられる穴場スポット!

地元のオッチャンから聞いた、花火観覧の穴場スポットを3つご紹介します。

 

洲本城(別名:三熊城)

洲本城からだと綺麗な花火が見える」と聞いたとき、確かにと思いました。

花火が打ち上げられる大浜海岸から洲本城は、徒歩で25分くらいの場所にあります。

 

洲本城は標高150メートルほどの三熊山の山頂にあるお城なので、花火を見上げることなく観覧することができるそうです。

見上げなくていいので、首も痛くならずラクですね。

 

地元の方は洲本城から花火を観賞する人が多いそうですよ。

 

 

ちなみに、洲本城はお城ですが中に入ることはできません。

国の史跡に指定さていますが、山上にあるのは【模擬天守】です。

 

初めて見たときは、「オモチャみたい」と思いました。

こんな感じです。

洲本城天守閣

 

近くには【洲本温泉】もありますので、早めに到着して温泉に入るのもいいですね。

⇒洲本城の基本情報と地図

 

 

炬口海水浴場(たけのくちかいすいよくじょう)

「大阪や神戸方面から来るならココが良い」と言われました。

というのも、すぐ近くの道路が国道28号線という道路なので、花火大会終了後にすぐ脱出すれば、渋滞に巻き込まれずに済むそうです。

 

【洲本IC】は利用せずに、国道28号線に出て【津名一宮IC】に向かうか、のんびり【淡路サービスエリア】まで国道28号を走るかのどちらかになります。

 

 

「洲本ICは混雑する為、津名一宮ICを利用したほうがいい」と公式HPでも案内されていますので、いち早く【津名一宮IC】に向かうのが良さそうですね。

到着が遅くなると、高速も大渋滞してしまいますので。

 

炬口海水浴場住所:兵庫県洲本市炬口1地先

 

 

洲本実業高等学校

花火の打ち上げ場所からは離れていますが、地元の方には有名なスポットなんだそうです。

高台になっているので、海岸で打ち上げられる花火を綺麗に見ることができるんだとか。

 

ただ、帰りの渋滞は「他の2か所に比べると避けにくいかもしれない」と言っていました。

 

洲本実業高等学校住所:兵庫県洲本市宇山2丁目8−65

淡路島まつり花火大会の穴場スポットで観覧するデメリット

デメリット

穴場スポットにはデメリットもあります。

それは、花火大会のもう一つのお楽しみ「屋台を利用しにくい」ということです。

 

洲本城と洲本実業高校は会場から遠いので、屋台を楽しもうと思うと、結構歩く必要があります。(炬口海水浴場からは徒歩10分くらいです)

 

 

淡路島の屋台の名物「ピンス焼き」を食べたい!という方は、ちょっと頑張って歩かないといけませんね。

ちなみにピンス焼きとは、ベビーカステラのことです。

 

ただ、厳密には「ベビーカステラは中までしっかり焼いている」、「ピンス焼きは中が柔らかい」といった焼き加減の違いがあります。

 

淡路島のピンス焼きといえば、池田商店の「池ピン」が群を抜いて人気です。

もし、池田商店のピンス焼きを見かけたら、迷わず買いですね!

スポンサーリンク

淡路島まつり花火大会の観覧クルーズ

渋滞を避けられるわけではありませんが、混雑を回避してゆっくりと花火を見るなら【観覧クルーズ】もあります。

 

通常は、鳴門海峡の渦潮クルーズをしている「日本丸」に乗って、海上から花火を観覧することができます。

日本丸には何度か乗船したことがあるのですが、なかなか立派な船で快適に過ごせます。

日本丸

 

 

2,500円で2時間30分も船の旅を楽しむことができるので、結構お得なクルーズだと思います。

ただ、定員になり次第販売終了になるので、予約は早めにされた方がいいですよ。

 

 

淡路島まつり花火大会観覧クルーズ船の詳細

・大人:2,500円

・小人:1,000円(4歳~小学生)

・所要時間:約2時間30分

・問い合わせ先:0799-25-5820(洲本観光案内所)

 

 

>男性の浴衣の帯の種類と選び方 結び方にはどんなものがある?

>男性の浴衣の選び方は?サイズの注意点やおすすめの生地は?

淡路島まつり花火大会の帰りの渋滞を避けられる穴場スポット!地元のオッチャンに聞いたおすすめはココ!まとめ

まとめ

大阪や神戸方面から行く場合、帰りの渋滞を避けられる一番のスポットは「炬口海水浴場」です。

穴場スポットの3か所の中では、花火の打ち上げ会場に1番近く、徒歩10分くらいです。

 

淡路島まつり花火大会当日の洲本市内は混雑しますので、運転にはくれぐれもご注意ください。

淡路島まつり花火大会の駐車場|渋滞や混雑を避ける方法は? 何時までに到着しておいた方がいい?

 

コチラで淡路島観光のおすすめスポットも紹介しているので、参考にしてください。

淡路島観光まとめ!おすすめグルメやルートもニジゲンノモリまで!!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お祭り・花火大会
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

びわ湖大津マザレ祭りの駐車場の料金や混雑状況と会場に近い場所

お祭りやイベントに車で行った時に、駐車場を探すのに時間はかけたくないですよね。 びわ湖大津マザレ祭りに行かれる際の駐車場の料金や混雑状況、会場までの距離などがわかっていれば無駄な時間も省けますよね。 …

10月に浴衣を着るのは変?お祭りに浴衣を着ていく方法や寒い場合の対策!

10月に行われる花火大会が増えてきましたね。 土浦花火大会や、こうのす花火大会など、10月でも大きな規模の花火大会がありますよね。   台風や大雨の影響で、夏の間に開催される花火が中止になり …

7月の花火大会2017!京都と大阪と滋賀の日程一覧

梅雨が明けて7月!いよいよ夏です!! 夏の風物詩の花火大会、2017年7月に京都府・大阪府・滋賀県で行われる花火大会の日程をまとめました。 家族やカップルや友達とお出かけされる際の参考にしてもらえれば …

阿波踊りに初めて行くなら演舞場のおすすめはココ!駐車場はどこが良い?

踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々のフレーズで有名な、徳島県の阿波踊りは日本三大盆踊りの1つです。 400年以上続く盆踊りなのですが、もちろん初めて阿波踊りに行かれる方もいらっしゃい …

熊野花火大会の屋台の場所と時間は?最寄り駅周辺で観光できる?

熊野大花火大会当日の、熊野市駅の会場近辺は大混雑ですので、早めに到着される方が多いと思います。 午前中に現地入りするとして、花火大会が始まるのは19時頃なので、やることがないですよね。 せっかく早く到 …


ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。