お花見

京都光明寺の新緑の見頃や見所!春だ青もみじを見に行こう!

光明寺の青もみじ

京都府長岡京市にある光明寺。

建久9年(1198)に法然上人の弟子である熊谷直実が、念仏三昧院をこの地に開いたのがはじまりとされています。

 

時代劇のロケに使用されることも多く、紅葉が有名なお寺です。

毎年、秋になると寺院内の紅葉のトンネルを一目見ようと、多くの観光客で賑わっています。

 

秋のもみじばかりが目立っているので、少し影の薄い春の青もみじです。

でも、青もみじもいいんです。

初夏の日差しに包まれながら、マイナスイオン全開の青もみじに癒されてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

京都光明寺の基本情報

光明寺の基本情報をご紹介します。

京都には、佐藤健さん主演のるろうに剣心の映画のロケ地にもなった、金戒(こんかい)光明寺がありますが、また別の場所です。

 

金戒光明寺と区別するために、光明寺は粟生(あお)光明寺とも呼ばれています。

 

【粟生光明寺の基本情報】

  • 住所:京都府長岡京市栗生西条内26-1
  • 拝観時間:9時~16時
  • 拝観料:無料(紅葉シーズンは有料)

 

光明寺は青もみじのシーズンも混雑するの?

長岡京市の紅葉スポットとして人気の光明寺は、秋の紅葉シーズンはかなり混雑します。

 

では、春の新緑の時期はというと、空いています。

どこのお寺でもそうですが、紅葉シーズンと比べると、青もみじの時期は比較にならないほど、ゆったり過ごすことができます。

秋には大行列ができる瑠璃光院も、春の新緑の時期はそこまで混雑しませんので。

 

「そうだ京都、行こう。」でも紹介されていますので、多少は混雑するかもしれませんが、それでも紅葉の時期と比べると、のんびりしていますよ。

光明寺は、敷地が約18,000坪もありますので、それもあって余計にゆったりした時間の流れを感じます。

スポンサーリンク

光明寺の青もみじがの見頃と見所

京都光明寺の新緑

光明寺の青もみじの見頃は5月上旬~6月上旬です。

 

まず、総門を入ると道が「女人坂」と「もみじ参道」の二手に分かれます。

 

正面から本堂に向かう坂道が女人坂です。

なが~い一直線の坂を覆うように、青もみじが緑のトンネルを作っています。

お天気の良い日だと、ポカポカした陽気と新緑のマイナスイオンに癒されて、眠たくなってきます。

女人坂はなが~い坂と言っても、緩やかな石段ですので、歩きやすいです。

 

そして、帰りはもみじ参道を通って帰ります。

もみじ参道と呼ばれるだけあり、青もみじや紅葉が綺麗で美しいスポットです。

 

行きと帰りで道を楽しむことができるので、違った風景が堪能できますよ。

京都光明寺へのアクセス方法

光明寺には駐車場がありませんので、周辺駐車場か、バス・電車の利用になります。

もしくは、駅からレンタサイクルなんていう方法もあります。

 

レンタサイクルは置いておいて、電車とバスを使った行き方です。

①JR「長岡京駅」下車

②「長岡京駅」下車後、西出口バス停:阪急バス「20,22系統」⇒「旭が丘ホーム前」下車(所要時間20分)

③「旭が丘ホーム前」下車後、徒歩5分~6分

 

ちなみに、長岡京駅から光明寺までは、徒歩だと40分~50分くらいかかります。
京都光明寺の周辺地図【楽天たびノート】

京都光明寺の新緑の見頃や見所!春だ青もみじを見に行こう!

京都光明寺の新緑は、見頃の時期を迎えると、緑のトンネルが癒してくれます。

秋の紅葉も素敵ですが、春には春しか見ることができない、青もみじの良さがあります。

 

紅葉の時期と比較すると、混雑せずにゆっくり新緑を楽しむことができます。

京都の青もみじの穴場スポット、光明寺の春の新緑に足を運んでみてはいかがでしょうか。

京都の青もみじの穴場スポット!蓮花寺の春の新緑の見所とアクセス方法!
瑠璃光院の春の混雑状況と特別拝観の見どころ!お得な行き方も紹介!

スポンサーリンク

スポンサーリンク