お出かけ

ランドとシー幼児が楽しめるアトラクションやショーがあるのはどっち?

投稿日:


幼児を連れてのディズニーランド。

ランドとシーどっちが良いのか迷ってしまいますよね。

アトラクションやショーなど3歳以下の幼児でも楽しめるようなものは、ランドとシーどちらが多いのか?

幼児を連れて回りやすいのは、どっちなのか?

よく「ランドは子供向けで、シーは大人向け」などとも言いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

幼児でも楽しいのは、ディズニーランドかシーどっちを選ぶべきなのかについて、比較していきましょう。

スポンサーリンク

ランドとシー幼児ならどっちが良い

子供が4歳5歳くらいになってくると状況は変わってくるのですが、3歳以下の幼児だと、楽しめるものにも制限がありますよね。

幼児を連れて行く時に、ランドとシーを選ぶ基準はいくつかあります。

全部が全部、ディズニーランドの方が良いわけでもないですし、ディズニーシーの方が良いわけでもありません。

選ぶ基準について順番に紹介していきます。

ランドとシーキャラクターで選ぶなら?

まず、子供がどのキャラクターを好きなのかによって変わってきます。

例えば、ミッキーが好きという場合であれば、ランドでもシーでもどちらでも会えますが、子供が「ダッフィーやアリエルに会いたい」という場合であれば、シーにしかいません。

キャラクターグリーティングには、写真撮影などを並んで順番を待つ「整列グリーティング」とキャラクターに気づいてもらえるかどうかの「フリーグリーティング」の2種類がありますが、この数が多いのはディズニーシーの方ですので、グリーティングメインで行くのであれば、シーを選んだ方が良いですね。

ランドとシーベビーカーで移動しやすいのは?

パーク内は混雑しているので、ベビーカーは持参した方が良いです(レンタルも行っています)

ランドにしてもシーにしても、パーク内は広いので歩きまわる事になるので、子供はヘロヘロになります。

そのヘロヘロになった子供を抱っこして歩くのはキツイので、ベビーカーは必須です。

あと、子供がウロチョロ走り回ったら危ないですからね。

なので、基本的には子供はベビーカーに乗せて移動した方が良いです。

ベビーカーでの移動でいうと、シーよりもランドの方が移動しやすいです。

ディズニーランドの作りが平面なのに対して、ディズニーシーは勾配があります。

スロープもあるのですが、回り道しないといけないので、混雑時には体力的に大変かなと思います。

ランドとシーならベビーカーで移動しやすいのは、ランドの方ですね。

ディズニーのアトラクションで幼児でも楽しめるのは?

ディズニーランドの方が良いと言われる理由の一つに、アトラクション(乗り物)の違いがあります。

ディズニーランドとディズニーシーのアトラクションの数でいうと、ディズニーランドのアトラクションの数が38なのに対して、ディズニーシーのアトラクションの数は28です。

元々のアトラクションの数もランドが多いのですが、幼児が乗れるような動きが激しくない穏やかな乗り物もランドの方が多いです。

個人的なイメージですが、ランドはまんべんなく子供が楽しめる感じだなというイメージです。

小さな子供には「トゥーンタウン」が人気のエリアです。

あと、ランドが子供連れに向いているという理由として、移動のしやすさがあると思います。

ランドは、アトラクションからアトラクションへの距離が近く、シンデレラ城を中心にして動きやすいです。

反対にシーは、アトラクションとアトラクションの距離がランドに比べて遠いので、1つのアトラクションに乗るのに時間がかかります。

これだけ見ると、アトラクションに関しては「ディズニーランドだな」となるとは思うのですが、個人的にはディズニーシーが良いのではないかと思っています。

あまり賛同してくれる人はいませんが・・・

ディズニーシーには「マーメイドラグーン」という、小さな子供向けの施設があり、アトラクションが室内にもあります。

なので雨が降っても安心ですし、何より座って休憩できる場所もあるので、大人にとってありがたい場所です。

エレクトリックレールウェイ(電車)やトランジットスチーマーライン(船)・ビッグシティ・ヴィークル(車)など、赤ちゃんでも一緒に乗れるようなものもありますし、屋内施設も多いので雨の日や日差しの強い時期でも過ごしやすいのではないかと思います。

まぁ、アトラクションに関しては、身長制限などもありますが、一番は子供がどんな乗り物なら乗れるかによると思います。

「えっ!これ怖いっ?」って思うようなものでも怖がるかと思えば、何に乗っても全く動じなかったり、子供によって色々ですからね。

各アトラクションに関しては、ディズニーのホームページに動画があるので、チェックしてみて判断しても良いと思います。

スポンサーリンク

ディズニー幼児におすすめのショーがあるのは?

ランドとシーのショーの大きな違いでいうと、キャラクターが園内を回るパレードがあるのかないのかです。

ショーを楽しみたいという方なら、ランドの方が良いです。

ランドはキャラクターやダンサーなど、100名以上の華やかなパレードが昼と夜に行われます。

フロートという、飾り付けられた乗り物でパーク内を回るので、広いエリアでパレードを楽しむことができます。

シーの場合は、パーク内を回るパレードはなく、「メディテレーニアンハーバー」で行われる水上ショーになります。

その為、場所取りが激しいので、小さい子供連れの場合は、早めに行って場所を取っておかないと楽しむことができません。

一応、キッズエリアというものもありますが、ランドとシーのショーやパレードを比較すると、ランドの方がおすすめです。

ランドとシーの混雑状況は?

ディズニーランドとディズニーシーの混雑状況でいうと、昔はディズニーランドの方が混雑していました。

ただ、最近はディズニーシーの方が混雑しています。

新しくアトラクションが出来たり、ハロウィンの時期などイベントの時期はシーの方が人気など、色々な要因があるそうです。

なので、基本的にアトラクションの待ち時間が長いのも、入園規制がかかりやすいのも、ディズニーシーです。

スポンサーリンク

ディズニーランドとシー幼児ならどっちがおすすめ?まとめ

3歳以下の幼児が楽しめるのは、ディズニーランドとディズニーシーどちらでも楽しめると思います。

アトラクションやショーの違いはもちろんですが、子供の性別や好きなものによっても変わってきます。

例えば、男の子で冒険好きな子であれば「シー」の方が冒険の雰囲気があるので喜ぶでしょうし、可愛い雰囲気が好きな女の子であれば「ランド」が楽しいと思います。

ですので、一概にどっちが良いとはいえませんが、アトラクションや移動のしやすさなどで比較したものをまとめます。

[ベビーカーで移動しやすいのは?]

パーク内が、ランドは平面ですが、シーは勾配がある為、ベビーカーで移動しやすいのは「ランド」です。

[アトラクションの比較]

幼児でも乗れるようなアトラクションは、ランドの方が乗りやすいと思います。

ただ、シーにも「マーメイドラグーン」や船などの乗り物があるので、小さな子供や赤ちゃんでも乗ることが出来ます。

アトラクションに関しては、正直好みの問題だと思います。

[ショーの比較]

ランドにはパレードがありますが、シーは水上ショーになるので、小さな子供連れの場合は「ランド」の方が楽しめます。

[混雑の比較]

ランドもシーもどちらも混雑していますが、より混雑しているのは「シー」です。

「ディズニーシー」に行かれるなら、行く日の混雑状況は特にチェックしておいた方が良いです。

それぞれ違いがあるので、迷ってしまいますね。

なので、参考になればですが、初めて子供を連れてディズニーに行くなら「ランド」の方が良いと思います。

初めての時は戸惑うことも多く、気づかれする事も多いので、動きやすくわかりやすい「ディズニーランド」の方が楽ですよ。

スポンサーリンク

-お出かけ
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

なばなの里に電車で大阪から行く一番安い料金は?セットのチケットは買うべき?

三重県の「なばなの里」へ大阪から電車で行く場合の一番お得な方法について紹介します。 なばなの里といえば、イルミネーションや季節ごとのフラワーガーデンが有名ですが、イルミネーションの時期は特に混雑します …

ディズニークリスマスはランドとシーならどっち?違いは?デートにおすすめは?

鳥取砂丘を観光するなら靴はどうする?服装や持ち物で注意すべきこと

鳥取砂丘に観光に行く時の靴や服装は、実はかなり重要です。 履いていく靴や、着ていく服によっては楽しさや感動が半減することもあるからです。 鳥取砂丘をただの広大な砂場(砂漠)と思って行ったら、かなり大変 …

伊勢おはらい町とおかげ横丁で是非食べてほしいおすすめグルメ

伊勢神宮に参拝に行く時に 必ずと言っていいほど行くのが スポンサーリンク おはらい町とおかげ横丁です。 歴史や文化が学べる施設などもあり 多くの観光客で平日であっても かなり賑わっています。 今回は、 …

Wi-Fiを繋ぐ方法

1週間だけネットしたい!wi-fiがない実家への帰省時に繋ぐ3つの方法!

夏休みやお盆など、実家に帰省する機会も多いと思いますが、実家はネットが繋がっていますか?   大人だけで帰省するときもwi-fiがないと不便ですが、子供と一緒に実家に帰るときは、インターネッ …