お祭り・花火大会

10月に浴衣を着るのは変?お祭りに浴衣を着ていく方法や寒い場合の対策!

投稿日:2017年9月25日 更新日:


10月に行われる花火大会が増えてきましたね。

土浦花火大会や、こうのす花火大会など、10月でも大きな規模の花火大会がありますよね。

 

台風や大雨の影響で、夏の間に開催される花火が中止になりやすいので、秋に花火大会の日程をずらすことを検討している花火大会も多いそうです。

花火大会の服装といえば、浴衣ですよね。

  • 10月のお祭りに浴衣を着ていきたいけど、季節外れではないのか?
  • 10月に浴衣を着るのは寒くないのか?

お悩みの方も多いはずです。

 

せっかくの花火大会、デートや友達との記念に、できることなら浴衣を着ていきたいものですよね。

  • 10月に浴衣を着ていくのは変なのか?
  • 着ていく方法はないのか?

について、紹介します。

スポンサーリンク

10月に浴衣を着るのは変?

ペアの浴衣

10月に浴衣を着るのは変なのでしょうか?

時期がずれているということをわかった上で、着こなしをすれば、10月に浴衣は変ではありませんよ。

 

「夏の花火大会やお祭りで浴衣を着たかったけれども、仕事で着る機会がなかった。」

とか、

「夏に着るつもりで買った浴衣に袖を通すことなく、夏が終わってしまった。」

など、どうしても浴衣で行きたい場合もありますよね。

 

 

ただ、「10月に浴衣は変だよ」という意見が圧倒的に多いと思います。

 

 

そもそも、なぜ10月に浴衣を着てはいけないのでしょうか?

浴衣は主に6月~9月の間に着用するもので、浴衣を着る季節の目安として「立秋」までです。

 

なので、10月に浴衣を着るのは、時期外れでマナーに反しているという事です。

10月にTシャツを着ているようなものらしいのですが・・・

10月にTシャツを着ている人もいらっしゃるので、本人が良ければ良いのではないかと思います。

せっかくの記念なんですから。

 

 

着物の着付けをしている知人にも聞いてみましたところ、こんな事を言っていました。

一般的には立秋までなので、時期は外れていると思う。ただ、オシャレやファッションは、その人の個性なので、10月に浴衣を着ているからといって変ではない。

周りがどうこう言う問題ではなく、本人が良ければ、それが正解だと思うので、秋らしくコーディネートすれば良いのでは?

 

との、事でした。

 

10月に浴衣を着るのは時期外れだということは認識していますよという雰囲気を出して、浴衣をオシャレに着こなしみてはどうでしょうか?

10月のお祭りに浴衣を着ていくには?

アイラッシュのポイント

10月のお祭りに浴衣を着ていって、周りから「季節はずれ」とされないように、「浴衣が立秋までだってことは知ってます」という装いにしていきましょう。

その為には、浴衣の色柄はよく選んだ方が良いと思います。

”秋らしく見える色柄”の浴衣を選ぶのが大切です。

 

秋らしく見える色柄

  • 渋めの茶色
  • 深い藍色
  • からし色
  • 他にも、夏をイメージさせない柄が良いですね。

最近はモダン柄が豊富なのでオススメです。

反対に、明るい水色やピンク、花火柄や金魚柄は、夏祭りのイメージなのでオススメ出来ないですね。

 

半襟を仕込む

これは、寒さ対策にもなりますし、少し着物っぽくもなります。

色は、夏っぽくないように渋めの色が良いです。

夏っぽい浴衣を着ていくのは、ちょっと厳しいかもしれませんが、秋っぽい柄や半襟を仕込むだけで、グッと変わりますよ。

ポイントは、「浴衣は立秋までだって事は知っているうえで、着ている」ですね。

スポンサーリンク

10月に浴衣を着るのは時期的に寒い?

10月に浴衣を着るのは寒いのでしょうか?

10月といっても、地域により気温差もありますので一概に言えない部分はありますが、10月に浴衣を着るのは寒いと思います。

10月に浴衣を着てお祭りに行くなら、しっかりと寒さ対策をしていきましょう。

 

ただし、がっつりした物を羽織っていると、浴衣の素材感とのギャップで「こんな時期に頑張って浴衣を着ている」と思われてしまうかもしれません。

そうならないように、”適度な寒さ対策”をしていきましょう。

 

薄手のストールや、カーディガンを軽く羽織る

がっつりではなく、軽くおしゃれとして身につけます。

もし、寒くなかったとしても、膝掛け代わりになるので便利ですよ。

 

半襟を仕込む

先程も紹介しましたが、少し着物っぽくもなり、寒さ対策にもなります。

半襟を仕込んでいると、首元や胸元が温かくなります。

 

 

和装用ストッキング

通常のストッキングだと、下駄が履けなくなりますが、和装用ストッキングであれば下駄が履ける作りになっています。

足元から冷えてくるので、和装用ストッキングを履くだけでも違いますよ。

 

もちろん、10月に浴衣を着るのは、女性だけでなく男性もOKです。

男性の場合は、浴衣+ストールの組み合わせが、渋いと思います。

スポンサーリンク

10月のお祭りに浴衣を着るには?まとめ

10月に浴衣を着るのは変なのかどうかは、最終的には、浴衣を着る本人が決めることだと思います。

一般的な浴衣の着用時期があったとしても、何かのルールで決まっているわけではありませんしね。

 

「浴衣は立秋までだって事知ってますよ」という装いで、秋らしい色柄を選んでください。

 

10月、しかも花火大会は夜に行われますので、冷え込むので風邪を引かないように、寒さ対策はしていってくださいね。
>>>10月の花火大会 こうのす花火大会
>>>10月の花火大会 土浦花火大会

スポンサーリンク

-お祭り・花火大会
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

駅のホーム停車している電車

淀川花火の河川敷エリアの最寄り駅と混雑状況!終電は何時まで?

大阪の夏の風物詩の淀川花火大会には、毎年多くの方が訪れます。 2016年は約40万人の人出があったそうです。 1日で40万人なので、もの凄い人の密集度ですね。 それだけたくさんの人出があるので、当然道 …

天神祭の屋台がある場所と最寄り駅はどこが良い?おすすめの屋台は?

日本三大祭の一つ、大阪の天神祭。 毎年7月24日と25日に行われるのですが、毎年毎年、よくこれだけの人が集まるなというくらいの人がいます。   屋形船を楽しんだり、花火を楽しんだり、屋台を楽 …

相模原納涼花火大会の屋台の場所と時間は?最寄り駅はどこが良い?

相模原の夏の風物詩の相模原納涼花火大会は、約20万人の人出で賑わう花火大会です。 8月の最終週に行われる花火大会としては規模が大きい花火大会です。 花火大会といえばお祭りですので、忘れてはならないのが …

多摩川花火大会は川崎と世田谷どっちが良い?屋台も楽しめる場所でおすすめを紹介

多摩川花火大会は川崎市と世田谷区で同日開催なので、どっちを見るべきか迷ってしまいますよね。 どっちで見ても一緒なんて意見もありますが、せっかく行くなら少しでも迫力ある花火を見たいですもんね。 多摩川花 …

男性の浴衣の帯の種類と選び方 結び方にはどんなものがある?

浴衣の帯って慣れていないと、すごく面倒くさく感じてしまいます。 浴衣を日常着ている人からすると、なんてことはない「浴衣の帯」ですが、普段浴衣を着ない人からすると少々ハードルが高いです。 初めて浴衣を着 …

スポンサーリンク