お祭り・花火大会

流山花火大会の屋台の場所と時間は?最寄り駅と混雑回避方法

投稿日:2017年8月12日 更新日:


花火大会のお供に屋台は必須ですよね。

千葉県流山市で打ち上げられる「流山花火大会」にも、多くの屋台が出店しています。

比較的ゆったり見られる花火大会なんですが、やはり屋台が集中している場所なんかは場所取りをしている人も多いので混雑します。

流山花火大会の屋台の場所や時間や、帰りの電車の混雑回避情報を紹介します。

無料席でも、しっかり花火と屋台を楽しめる場所もありますよ。

スポンサーリンク

流山花火大会の屋台の場所は?

流山花火大会は江戸川の広~い河川敷で花火が打ち上げられるので、河川敷であれば花火がどこかしら見ることができます。

ただ、屋台を楽しむとなると、どこでも良いわけではないんですね。

流山花火大会の屋台の場所は、ほぼ1ヶ所に集中しています。

まず、流山花火大会には屋台村と屋台(露店)が存在します。

屋台村というのは地元の商工会が運営していて、有料観覧席を挟むようにして営業します。

有料席を中心に、江戸川の上流側と下流側に屋台村が40店舗程度あります。

駅でいうと、上流側が「流山駅」で下流側が「平和台駅」ですね。

この2つどちらが良いかというと、屋台を楽しむなら上流側の「流山駅」を利用した方が良いんです。

というのも、上流側の屋台村から、もう少し上流に行くと出店がたくさん並んでいます。

こちらは商工会ではなく、いわゆる露店商というやつですね。

出店の数は、およそ60店舗程度なので屋台村よりも数が多く出ています。

屋台村の数と合わせると、およそ100店舗ですね!

100店舗もあれば十分楽しめますし、変り種の屋台も見つけられるかもしれませんね。

無料席でより屋台を楽しむのであれば、上流側で場所取りをした方が良いですよ。

流山花火大会の屋台の時間は?

屋台って出来れば、花火大会の前に楽しみたいなぁとは思っていても、仕事の都合や時間の関係で花火大会ギリギリになってしまうことがありませんか?

時間がない時は、花火大会が終わってから屋台を楽しむこともあると思います。

花火大会終了後の屋台って、何かとおまけをしてくれやすいのでチャンスではあるんです!

屋台でおまけをしてもらうコツはこちらでも紹介したのですが、簡単に紹介しますね。

まず、グイグイくるお店の人がいる屋台で買うのは必須です。

あとは、笑顔でニコニコ世間話!

簡単に言うと、コツはこれだけです。

実際、これでかなりの確率でおまけしてくれます。

チョコバナナを買うと、かなりの確率でバナナ1房ついてきます(帰りがめっちゃ恥ずかしいですけどね・・・)

もちろん他にもありますよ!

そんなチャンスタイムでもある花火大会終了後も含めて、屋台村と屋台(出店)の営業時間を確認しておきましょう。

[屋台村]

16時スタートの予定で、21時には終了予定です。

[屋台(出店)」

明確に何時からというのは決まっていませんが、16時頃からは営業しているお店が多いです。

終了は屋台村と同じく21時頃の予定です。

屋台が集中している上流側の無料観覧席で場所取りをするなら、16時頃がベストです。

屋台村や出店も16時開始なので、場所取りをした後にゆっくり屋台を楽しむのも良いですね。

スポンサーリンク

流山花火大会の最寄り駅と混雑回避方法

流山花火大会は都心の花火大会と比べれば混雑状況は、まだマシですが、そうは言ってもやはり帰りの電車は混雑します。

花火大会恒例の、花火終了後の最寄り駅までの大混雑が始まります。

流山花火大会の最寄り駅は、「平和台駅」と「流山駅」になります。

もしくは、「流山セントラルパーク」からシャトルバスに乗って行く方法もあります。

通常であれば、「平和台駅」や「流山駅」から会場までは、徒歩5分~10分です。

「流山セントラルパーク駅」からのシャトルバスも、5分程度で会場に着きます。

ただ、花火大会終了後は、駅まで向かう時間や電車を待つ時間、シャトルバスを待つ時間が長いので、別の駅を利用した方が早い場合もあります。

もし、駅まで向かう人やシャトルバスを待つ人が多くて、かなり時間がかかる場合は、「南流山駅」を利用してください。

会場から駅までは30分程度歩きますが、待つ時間を考えると「南流山駅」から帰った方が早い場合がありますよ。

[最寄り駅と所要時間]

■流鉄流山線「流山駅」・「平和台駅」から徒歩5分~10分程度

■つくばエクスプレス「流山セントラルパーク駅」からシャトルバスで5分程度
(シャトルバスは、17時~21:50まで運行)

■JR武蔵野線・つくばエクスプレス「南流山駅」から徒歩30分程度

混雑具合を見て、所要時間を参考に帰り道を決めてください。

まとめ

流山花火大会のには屋台村と出店で100店舗程の屋台があります。

屋台も花火も楽しめる無料観覧席は、江戸川上流(流山駅)がおすすめです。

比較的ゆっくり見ることが出来る花火大会ではありますが、やはり屋台近くの土手は混雑しますので、早めに場所をおさえておいた方が良いですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お祭り・花火大会
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

大曲花火大会の屋台の場所と時間は?最寄り駅の混雑状況と到着時間は?

日本三大競技花火大会の一つ「大曲の花火」には、毎年多くの人出で賑わいます。 その数、なんと約80万人です! 一晩で80万人なんで、もの凄い数ですね。 それだけの人出があるので、当然屋台も数多く出店して …

みなとこうべ海上花火大会の屋台の場所と時間は?最寄り駅はどこが良い?

花火大会のメインイベントはもちろん花火ですが、忘れてはならないのは屋台ですよね。 子供から大人まで楽しむことができますし、花火が打ち上げられるまでの時間も屋台を練り歩いたりして楽しむことができます。 …

打ち上げ花火

淡路島まつり花火大会の帰りの渋滞を避けられる穴場スポット!地元のオッチャンに聞いたおすすめはココ!

淡路島まつり花火大会は、行く時の渋滞や混雑もスゴイですが、花火大会が終わったあとの渋滞や混雑も一層すごいことになります。   高速の入口の洲本インターチェンジまでは、通常であれば15分~20 …

酉の市浅草の楽しみ方と熊手の買い方!屋台の時間やおすすめは?

新宿花園神社や府中大國魂神社とともに、江戸三大酉の市の一つに数えられる浅草酉の市。 三つの酉の市の中でも、規模が最も大きく有名なのが「浅草の酉の市」です。 江戸時代から続く酉の市で、江戸っ子から「おと …

駅のホーム停車している電車

淀川花火の河川敷エリアの最寄り駅と混雑状況!終電は何時まで?

大阪の夏の風物詩の淀川花火大会には、毎年多くの方が訪れます。 2016年は約40万人の人出があったそうです。 1日で40万人なので、もの凄い人の密集度ですね。 それだけたくさんの人出があるので、当然道 …

スポンサーリンク