鹿児島

鹿児島観光の服装と持ち物 車で旅行するなら絶対に知っておくべきこと!

投稿日:2017年12月6日 更新日:


旅行の服装、何を着ていこうか悩みますよね。

「寒かったら嫌なので厚着していこうか」、「南国なのでなんだか暖かそうだし」とか色々迷うと思います。

季節によっても違いますし。

 

でも、実は、鹿児島へ観光に行くなら”服装は季節に関係なく”注意しておかないといけない事があります。

これを知らずに行くと、服や持ち物が台無しになってしまった・・・という可能性が高いです。

鹿児島観光の際の服装や、必ず持っておいた方がいい持ち物についてご紹介します。

車で旅行されるなら、絶対に覚えておいた方が良いことがありますので、合わせて確認しておいてください。

鹿児島を観光する時の服装

普通、旅行に行く時の服装を決める基準って、暑いか寒いかですよね。

気温によって服装を選ぶというのは当然なのですが、鹿児島観光の際はもう一つ判断基準があります。

 

それは、”灰対策”です。

灰対策というのは、桜島が噴火して飛んでくる灰のことです。

鹿児島では、「降灰(こうばい)」なんて言い方もします。

「桜島が噴火って、そんな頻繁に噴火しないでしょ?」と思われるかもしれませんが、桜島は日常的に噴火しています。

そして、この噴火に伴って飛んでくる「灰」がものすごく厄介なんです。

 

火山灰はトゲトゲの粗い粒子なので、服に入り込んでしまうと取れなくなります。

特に、白色の服や淡い色味の服は危険です。

あと、黒色も灰がつくと汚れが目立ちやすくなります。

中に入ってしまうと、叩いたら落ちるとか、そんなレベルではないんです。

【鹿児島観光に行く時に避けた方が良い服装】

・白色の服

・淡い色の服

・黒色の服

・灰が中に入り込みやすい生地の服
(冬場なら、ウールコートよりもダウンコートなど中に入り込みにくい服の方が良いです)

 

鹿児島に行く日に灰が降らないようだったら?

観光の日程の時に灰が降らないようであっても、油断されない方が良いです。

なぜかというと、その日降っていなくても、何日か前に灰が降っていたら危険です。

残っている火山灰が、車や風によって舞ってくることもあります。

清掃のロードスイーパーと散水車が出動して、灰を掃除してくれるのですが、それでも全て取り除くことは難しいです。

 

ちなみに各家庭でも、鹿児島市から無料で配られている「克灰(こくはい)袋」というものに、灰を集めて対策はしています。

昔は「降灰袋」という名前だったんですが、今は「灰を克服しよう」という事で、「克灰袋」という名前になっています。

それだけ火山灰が脅威ということですので、旅行当日に灰が降らなくても、注意しておいた方が良いですよ。

鹿児島で安いホテルを探すなら トリバゴ

鹿児島を観光する時の持ち物で絶対必要なもの

鹿児島は、火山灰が大きな影響を及ぼしますので、観光の際は服装と同じように、持ち物にも注意が必要です。

持っていった方が良いリストを紹介します。

【鹿児島観光に持っていった方が良いもの】

★スーツケースは布製ではなく、ハードタイプの方が良い

★折り畳み傘

★メガネ or サングラス

★マスク

・タオル

・帽子

・鞄を入れる、ビニール袋

全て持っていく必要はありませんが、できる限り準備しておいた方が良いです。

「★」のマークは、個人的に必須と思うものです。

★スーツケース

ソフトタイプのものだと、火山灰が中に染み込みやすい為、ハードタイプの方が安心です。

普段はソフトタイプを使用しているので、ハードタイプは持っていないという場合は、レンタルサービスを利用した方が、購入するよりも費用を安くおさえることができると思います。



 

★折り畳み傘

傘を持ち歩くと邪魔になりますので、カバンに折り畳み傘を用意しておいた方が良いです。

火山灰が髪の毛につくと、髪がザラザラ・キシキシになってしまいます。

 

★メガネ or サングラス

あとで紹介しますが、火山灰が極力目に入らないように対策が必要です。

 

★マスク

火山灰を吸い込んだりしない為です。

子供には必須で、マスクは細かい粒子に対応できるマスクの方が良いです。

火山灰が目に入ってしまった時の対策

もし、万が一、火山灰が目に入ってしまった時は、”絶対にこすらない”でください。

火山灰は、トゲトゲの粗い粒子ですので、こすると眼球を傷つける可能性があります。

目に入った場合は、洗い流すようにしてください。

目薬を持っているなら、とりあえず目薬で対処しましょう。

 

特に、コンタクトの人は要注意です。

通常、コンタクトをつけている時は、当然「眼球→コンタクトレンズ」ですよね。

それが、「眼球→灰→コンタクトレンズ」、つまり”眼球とコンタクトの間に灰が入っている”状態になってしまうと、恐ろしく目が痛くなります。

あと、灰が取れるまでコンタクトを外すことすら出きません。

 

目をこすりたくなりますが、危険ですので、絶対やめましょう。

鹿児島では常に天気予報をチェックする

鹿児島の天気予報には、桜島上空の風向予報が必ずあります。

この風向きによって、どの方角に火山灰が飛んでくるのかがわかります。

 

鹿児島では、かなり重要な予報ですので、必ずチェックした方が良いですよ

特に夏場は、季節風の関係で、基本的に鹿児島市側に火山灰が降ります。

反対に、冬場は鹿児島方面と逆向きに風が流れますので、降りにくくなります(降らないわけではありません)

スポンサーリンク

⇒鹿児島へのアクセスは飛行機か新幹線どちらを利用するのがお得?

鹿児島観光を車でする時の注意点

少量の降灰であれば問題ないですが、大量に灰が降ると車の運転が大変です。

空がどす黒い雲で覆われたように暗くなるので、昼間でもヘッドライトをつけて走る必要があります。

それだけなら良いのですが、道路が灰でスリップしやすくなります。

雪が降っているとスリップしやすいですが、あれと似たような状態です。

ですので、知らずにスピードを出して走ると、事故に繋がりますので、灰が降っている時は「ゆっくり運転」するようにしてください。

車のワイパーは動かさない

車に乗っている時に灰が降ってきても、できるだけワイパーは動かさない方が良いですよ。

というのも、灰は細かい砂みたいなものなので、ワイパーをしても綺麗にはならず、ガラスに傷がついてしまいます。

 

あと、灰と一緒に雨が降ってきた時、灰雨(はいあめ)といいますが、これは雨を含んだ灰なので、ワイパーをしても広げてしまうだけなんです。

とはいうものの、大量に灰が降ってきた時は、傷がつくこと覚悟でワイパーをする必要があるのですが。

どしゃ降りの雨の時は、灰が混じっていても取れやすいので楽なんですけどね。

 

あと、車についた灰は、手やタオルで拭いたりすると傷がついてしまいます。

灰がついてしまったら、洗車するのが一番です(降灰の次の日は、洗車場はかなり混雑しています)

 

鹿児島観光の服装や持ち物 まとめ

鹿児島へ観光に行く場合の服装は「暑い」「寒い」だけではなく、「灰対策」も必要です。

白や淡い色味の服、黒色の服などは避けて、火山灰が中に染み込みにくい服装がおすすめです。

持ち物も邪魔にならない範囲で、降灰対策できるように準備しておいた方が良いですね。

 

降灰や灰雨の時に、車を運転される場合は「スリップ」と「ワイパー」に気をつけてください。

天気予報をチェックしておけば、風向き予報であらかじめ予測がつきますので、忘れずチェックしてくださいね。
鹿児島城山展望台の見どころや時間帯 アクセスの注意点は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-鹿児島
-,

関連記事

鹿児島西郷隆盛銅像

鹿児島西郷隆盛像の写真撮影のコツや周辺スポットとアクセスの注意点

鹿児島には、鹿児島空港と鹿児島市役所の近く(中央公民館前)にありますが、メジャーなのは市役所近くの西郷隆盛像です。 地元のボランティアの方が、清掃を行っていて市民からとても大切にされている鹿児島県のシ …

仙巌園正門

鹿児島仙巌園の見所と所要時間!アクセス方法でベストなのは?

Photo by:Tzuhsun Hsu 世界文化遺産に登録された「旧集成館」を含む仙巌園。 NHKの大河「篤姫」のロケ地にもなったので、ご存じの方も多いと思います。 世界遺産になってから、観光に訪れ …

西郷洞窟

鹿児島西郷洞窟へのアクセス方法!見どころと観光の注意点!

西郷洞窟に初めて行く場合、洞窟の場所を勘違いしてしまい、目的の場所を見ずに帰ってしまった・・・ という方も、たまにいらっしゃるようです。 確かに洞窟が2つあるので、勘違いしてしまう可能性があるかもしれ …

鹿児島城山展望台の見どころや時間帯は?アクセス注意点!

西郷隆盛終焉の地に近い城山は、展望台から見える錦江湾や桜島が絶景の場所です。 観光シーズンになると多くの観光客で賑わう、鹿児島の人気観光スポットで知られています。 混雑していると、思うように写真を撮れ …

鹿児島県

鹿児島観光のまとめ!「んだもしたん」

鹿児島市内観光の際の、観光スポットの見どころやアクセス方法、周辺スポットについてまとめています。 西郷隆盛像の写真撮影のコツやアクセス方法 世界遺産仙巌園の見どころや所要時間 西南戦争最後の地 城山展 …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。