テーマパーク・イベントホール

ひらパーのフリーパスは買うべき?子供はお得になるの?年齢別一覧!

投稿日:2017年9月20日 更新日:


【ひらパーのフリーパスは買うべき?】を年齢別で検証してみました。

ひらパー(ひらかたパーク)は、ちびっ子からお年寄りまで楽しめる、関西定番のスポットです。

 

年齢に関係なく楽しく過ごせるひらパーですが、いわゆる「遊園地」なので、USJとは違い、「入園料」+「アトラクションごとの料金」が発生します。

 

もちろんフリーパスもあるのですが、子供連れの場合、子供の年齢やアトラクション利用回数によっては、フリーパスの方がかえってお金がかかってしまう可能性もあるので要注意です‼︎

 

家族全員分フリーパスを購入すると高くなるので、「ひらパーのフリーパスを使い回し」したいところですが、残念ながら、ひらかたパークのフリーパスは使い回しできません。

 

そこで今回は、アトラクションを利用できる年齢ごとに分けて、『0歳〜5歳の子供の場合フリーパスがお得なのか?損なのか?』を検証してみました!

ひらパーの「入園券+フリーパス」をお得に購入する方法もご紹介しています。

 

【この記事で紹介していること】

  • ひらパーのフリーパスは買うべき?
  • フリーパス購入の目安の年齢別の対象アトラクション
  • フリーパスは子供の年齢や好み・パークでの過ごし方によって判断する
  • フリーパスは本当にお得なのか?


ひらパーのフリーパスは買うべき?

子供が小さいのにフリーパスを買っても意味があるのかな?

どれ位乗り物に乗るなら、フリーパスの方がお得になるのだろうか?

 

これ、子供連れでひらパーに行く時に結構悩んでしまいます。

まず、ひらパーの料金の基本設定から紹介します。

⇒ひらパーGOGOチケットを購入予定の方は、先にこちらのひらパーGOGOチケットの買い方や購入場所は?安く行く方法も紹介!を確認してください。

 

ひらパー料金基本設定
◆入園料

・0歳~1歳 :無料

・2歳~小学生:800円

・中学生以上 :1,400円

 

◆ひらパーのフリーパスの料金は2種類あります

・2歳~未就学児:1,800円

・小学生以上  :3,000円

※別途入園料が必要です。
※フリーパスを購入しても、入園料の割引はありません。

 

◆フリーパスを購入しない場合、各アトラクション毎に300円〜700円の料金が必要です。この料金に「こども料金」はありません。

2歳以上は一律で同じ料金がかかります。

例えば500円の観覧車に1歳の子供を抱っこして乗った場合だと、

子供0円 + 親500円 = 500円 ですが、

子供が2歳の場合だと

子供500円 + 親500円 = 1,000円 になります。

これを踏まえてなんですが、それならフリーパスの方がお得なのか?

いや、でも、2歳で1,800円って、元は取れるのか?など、難しいところですよねぇ。

 

まずは、フリーパスで子供が利用できるアトラクションを年齢ごとに分けてみました。

ザッと見て何種類くらい利用しそうでしょうか?

 

フリーパス対象アトラクション 年齢別一覧(0歳~2歳)

★印以外はすべて「保護者同伴が条件」です。
ただ、0歳~2歳の幼児は、ひとりで利用できるアトラクションがありませんので、2歳以上は子供と親の2人分の料金が必要です。

0歳〜1歳から利用可能(16種)※料金は2歳以上から発生
アトラクション名 料金
・メリーゴーラウンド 300円
・ドルフィンパラダイス 300円
・からくりやしき 摩訶不思議堂 300円
★ファンファンジャーニー 300円
★アンパンマン ハッピースカイ 300円
★ピピンとポピー の くるくるヘリコプター 300円
★ストロベリーカフェ(ティーカップ) 300円
・ドキドキおばけ屋敷 どろろん旅行社 400円
・あたま系アスレチック ヤッテミ〜ナ 400円
★アドベンチャーサファリ 400円
★ファンタジークルーズ 400円
★ノームトレイン 400円
・360°超立体シアター 4Dキング 500円
・スカイウォーカー 500円
・カード迷路 ぐるり森大冒険 500円
・マジカルボルケーノ 600円
※2歳は上記+1種類(17種)
・カチンコチン 300円

 

フリーパス料金が大人500円割引・子供100円割引になるyahooデイリーPlus

 

フリーパス対象アトラクション 年齢別一覧(3歳)

★印以外はすべて「保護者同伴が条件」ですので、子供と親の2人分の料金が必要です。

3歳から利用可能(27種)
アトラクション名 料金
・メリーゴーラウンド 300円
・ドルフィンパラダイス 300円
・からくりやしき 摩訶不思議堂 300円
・カチンコチン 300円
・バーニングファイト 300円
・サイクルモノレール 300円
★サーキット2000 ※1 300円
★ファンファンジャーニー 300円
★アンパンマン ハッピースカイ 300円
★ピピンとポピー の くるくるヘリコプター 300円
★ストロベリーカフェ(ティーカップ) 300円
★ワールドダービー 300円
・ドキドキおばけ屋敷 どろろん旅行社 400円
・あたま系アスレチック ヤッテミ〜ナ 400円
★アドベンチャーサファリ 400円
★ファンタジークルーズ 400円
★ノームトレイン 400円
★ハニーハッチ ※2 400円
★ブランブラン ※3 400円
・360°超立体シアター 4Dキング 500円
・スカイウォーカー 500円
・カード迷路 ぐるり森大冒険 500円
・いたずら魔女のラビリンス 500円
・絶叫の滝 バッシュ 500円
・3Dレーザーバトル 魔界の森伝説 500円
・マジカルボルケーノ 600円
・トロールパニック パチャンガ 600円

※1:身長130cm[以下]のみ利用可能
※2:身長110cm以上は同伴不要
※3:身長90cm以上は保護者同伴不要

 

フリーパス料金が大人500円割引・子供100円割引になるyahooデイリーPlus

 

フリーパス対象アトラクション 年齢別一覧(4歳・5歳)

★印以外はすべて「保護者同伴が条件」ですので、子供と親の2人分の料金が必要です。

4歳から利用可能(31種)
アトラクション名 料金
・メリーゴーラウンド 300円
・ドルフィンパラダイス 300円
・からくりやしき 摩訶不思議堂 300円
・カチンコチン 300円
・バーニングファイト 300円
・サイクルモノレール 300円
・パニックレーサー 300円
・アンクルフロドの ころっとろっこ 300円
・ファンファンジャーニー 300円
・ワールドダービー 300円
★サーキット2000 ※1 300円
★アンパンマン ハッピースカイ ※4 300円
★ピピンとポピー の くるくるヘリコプター ※4 300円
★ストロベリーカフェ(ティーカップ) ※4 300円
・ドキドキおばけ屋敷 どろろん旅行社 400円
・あたま系アスレチック ヤッテミ〜ナ 400円
・オクトパスパニック 400円
・ラウディ 400円
★アドベンチャーサファリ ※4 400円
★ファンタジークルーズ ※4 400円
★ノームトレイン ※4 400円
★ハニーハッチ ※2 400円
★ブランブラン ※3 400円
・360°超立体シアター 4Dキング 500円
・スカイウォーカー 500円
・カード迷路 ぐるり森大冒険 500円
・いたずら魔女のラビリンス 500円
・絶叫の滝 バッシュ 500円
・3Dレーザーバトル 魔界の森伝説 500円
・マジカルボルケーノ 600円
・トロールパニック パチャンガ 600円

※1:身長130cm[以下]のみ利用可能
※2:身長110cm以上は同伴不要
※3:身長90cm以上は保護者同伴不要
※4:5歳以上は保護者同伴不要

ひらパーのアトラクションごとの料金がわかりましたので、子供にフリーパスを買うべきかどうかについてです。

 

 

ひらかたパーク駐車場のGWの混雑状況と車で行く時のコツ!

ひらパーのGWは混雑が凄い!アトラクションの待ち時間やランチも大変なことに!

ひらパーのフリーパスは子供に必要?

ひらパーのフリーパスを子供に買うべきかどうかは、子供の年齢や好みやどんな風にパーク内を楽しむかによっても変わってきます。

下記の内容を元に、実際に利用しそうなアトラクションを考えてみました。

《検証ポイント》

◆子供の年齢

・乗れる乗り物や、親の料金の有無が変わってきます。

◆子供の好み

・動きの速いものが苦手=数が限られる

・気に入った物を繰り返し乗りたがる

etc

◆アトラクションに充てる時間

・ひらパーは園内の勾配があるので、子供連れで周ると思ったよりも移動に時間がかかったりします。

・子供に合わせたお昼ご飯やトイレ休憩で使う時間などを考えると、アトラクションに充てる時間は意外と少なくなるかもしれません。

◆来園日は平日か土日祝か

・滞在時間が長くても、ヒーローショーやキャラクターと遊ぶイベントがある土日祝は、そちらに結構時間を取られます。

・平日はヒーローショーなどのイベント自体がなかったり、待ち時間もほとんどないので、アトラクションに充てる時間がかなり増えます。

 

このような場合は、フリーパスを購入した方がお得になるのでしょうか?

スポンサーリンク

ひらパーのフリーパスはお得なの?

先程の内容で、フリーパスを購入した方がお得になるのかどうかを年齢別にまとめました。

子供が0歳・1歳の場合

ひらパーのアトラクションは2歳以上が有料です。

つまり子供が0歳〜1歳の間は無料ですね。

なので、考えるのは「保護者のフリーパスを買うかどうか」のみです。

0歳~1歳が乗れるアトラクション+検証ポイント から考えて3,000円以上(大人のフリーパス料金)かかりそうなら、”保護者のみフリーパス”がお得です。

 

子供が2歳・3歳の場合

検証ポイントにもあるように、イベントの時間や移動時間を考えると、幼児がアトラクションに充てる時間って予想以上になかったりします。

また、ワンダーガーデン(リスザルなどがいる無料の超プチ動物園ゾーン)で動かなくなったり、フリーパス対象外の乗り物(100円入れると動くアンパンマンの乗り物など)の方に気を取られたり…という展開もあります。

2歳・3歳が乗れるアトラクション+検証ポイントから考えると、こうなります。

平日に行くなら”フリーパスがお得”

ヒーローショーなどがある土日祝に行くなら”フリーパスは損”ですね。

自分の経験や周りの意見からもこのパターンが多いです。

ただし3歳だと、子供の体力や乗り物の好みによっては、”土日祝でもフリーパスあり派”が増えてきます。

 

子供が4歳・5歳の場合

4歳・5歳は、”曜日問わずフリーパスがお得”ですね。

1人で乗れるものが増えるので、ほとんどの子供はフリーパス1,800円の元が取れると思います。

ひらパーのフリーパスをお得に購入する方法

ひらパーの「入園券+フリーパス」の料金は、
・大人:4,400円
・小学生:3,800円
・こども:2,600円

ですが、yahooが運営するデイリーPlusか、【dエンジョイパス】を利用すれば、料金が割引になります。

  • 大人:4,400円⇒3,900円
  • 小学生:3,800円⇒3,400円
  • 2,600円:2,600円⇒2,500円

yahooデイリーPlusが2ヶ月無料で利用できる
dエンジョイパスでひらパーのチケットを安く購入する

プチ情報お得な使い方としては、どちらのサービスも無料期間があるので、二つ同時に登録するのではなくて、順番に登録して使うとお得に利用できますよ。

ひらパーのフリーパスは買うべき?のまとめ

ひらパーのフリーパスの料金は、大人3,000円、子供1,800円です。

子供の年齢によって、乗れる乗り物や親が一緒でないといけない乗り物もありますので、思った以上に料金がかかることがあります。

 

子供にフリーパスを買うべきか?というのは、子供の好みや園内をどんな楽しみ方をするかによっても変わってきますが、一つの目安として「4歳以上」であれば、フリーパスの購入がお得だと思います。

ひらパーに行かれる場合の目安としてみてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テーマパーク・イベントホール
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

江坂公園

江坂公園の遊具の魅力と江坂駅周辺で小さい子供が遊べるスポット!

江坂公園は、江坂周辺だと、一番子供が伸び伸び楽しめる公園じゃないかなと思います。 子供が道路に飛び出してしまうような危険性もないですし、遊具もたくさんあって、図書館まで併設されています。   …

大阪市立科学館でランチをする子連れならファミレス?お弁当?

大阪市立科学館は子供に大人気の施設ですが、子供を連れて行く時に一つ問題があるんです。 それは、子連れなのでランチできる場所が限られてくるということです。 大阪市立科学館でのランチに限ったことではないで …

七夕期間中のディズニーはランドとシー行くならどちらがおすすめ?

もうすぐ七夕ですね。 七夕に東京ディズニーランドもしくは東京ディズニーシーに行く人も少ないないと思います。   泊まりで行くなら二つとも堪能出来てよいのですが、日帰りで行くとなると、どちらを …

ニジゲンノモリ脱出ゲームやもりのめいろ!期間限定アトラクションも!

ニジゲンノモリに新たなアトラクションが追加されました。 冬季限定のメニューや、かなり期間が短いものもありますので、要チェックです。 モリノテラスを利用される際の、割引クーポン情報と合わせてご紹介します …

びわ湖こどもの国に行って困った事

びわ湖こどもの国に行ってきた感想!キャンプ場やバーベキュー・駐車場の混雑状況!初めて行って困った事

滋賀県のびわ湖こどもの国へ行ってきました。 こどもの国という名前だけあって、とにかく遊具の種類が豊富な施設でした。   遊具の他にも、変わり種自転車などもあるので、行けば楽しめる施設だと思い …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。