お祭り・花火大会

みなとこうべ海上花火大会当日の布引ハーブ園混雑状況と展望エリアおすすめ

投稿日:2017年7月20日 更新日:


神戸で開催される、みなとこうべ海上花火大会を布引ハーブ園から見る方もいらっしゃると思います。

標高400mの高さから眺める花火大会は、花火の打上げ会場とは違った楽しみ方がありますよね。

ロープウェイで展望エリアまで登っていく途中の景色も綺麗ですので、人気のスポットなので混雑状況が気になるところです。

みなとこうべ海上花火大会当日の布引ハーブ園のロープウェイの混雑状況や展望エリアでおすすめの場所などについて紹介しますので、参考にしてください。

みなとこうべ海上花火大会は布引ハーブ園から見るのがおすすめ

花火大会を観賞する時は、通常は花火の打ち上げ場所の周辺で場所を確保しますよね。

ただ、みなとこうべ海上花火大会の時は、花火の打ち上げ会場周辺ではなく「布引ハーブ園」から花火を見ることをおすすめします。

その理由としては、神戸の夜景を見ながら花火大会も楽しむことができます。

山や海がすぐ近い神戸だから出来る花火大会の楽しみ方であって、他の花火大会で夜景も花火も同時に楽しめることは、なかなかないと思うんですよね。

関西で同日に行われる大きな花火大会「淀川花火大会」にも、楽しみ方でいうと負けていません。
>みなとこうべ海上花火大会と淀川花火大会はどちらがおすすめなのかについては、こちらを確認してください。

打ち上げ会場の近くで迫力のある花火を見るのは、他の花火大会でも可能ですので、花火大会当日の天気が晴れであれば、ぜひ布引ハーブ園を利用してみてください。

ロープウェイから眺める景色も綺麗ですので、デートにも最適ですよ。

布引ハーブ園の花火大会当日の混雑状況

みなとこうべ海上花火大会の花火観賞スポットとして人気の「布引ハーブ園」は、その名前の通り約200種75,000株の花やハーブが咲く日本最大級のハーブ園です。

花がメインですが標高400mからの景色や滝も見ることができるので、花火大会の日に限らず賑わっています。

ですので、行かれたことのある方ならご存知だと思いますが、ロープウェイがかなり混雑します。

みなとこうべ海上花火大会の花火打ち上げ開始時間は19時30分からなのですが、夕方近くになるとチケットを購入する人で行列ができます。

というのも、ロープウェイの往復チケットは通常大人1,400円なのですが、17時以降の購入であれば大人800円に割引になります。

このチケットを購入する為に、長蛇の列ができます。

行列を避けるのなら行列ができる前にゆったりと行くのがベストなので、15時頃に行かれて園内をゆっくり観賞するのがおすすめです。

ただ、登りよりも花火大会が終了した下りの方が混雑します。

ロープウェイが次々出ているとはいえ、下りるタイミングがほぼ全員同じですので流石にかなり混雑します。

30分~60分くらいは覚悟しておいた方が良いと思います。

ロープウェイの下りの最終時間は21:00ですが、それまでにロープウェイに乗れないと下りられないということはありませんので安心してください。

ロープウェイを待っているお客さんがいなくなるまでは、もちろん運行してくれます。

一応ロープウェイが混雑しているので歩くという手段もあります。

基本的に一本道なので歩けなくはないですが、暗いうえに坂道なので危険です。

特に花火大会の時は浴衣の方も多いと思いますので、歩くのはおすすめ出来ません。

下りのロープウェイの混雑を避けるには、花火大会終了前に帰る以外に方法はありません。

おすすめとしては、

登りは少し早め(15時~16頃)に行って、ゆっくり園内を観賞された方が良いと思います。

ロープウェイは定員6名なんですが、混雑すると他の方とも同乗する事になります。
(以前、ケンカしているカップルと同乗することになり、もの凄い気まずい思いをしたことがあります)

下りの混雑は回避しようがありませんし、せっかくなので花火大会も最後まで観賞して、神戸の夜景を見ながら気長にロープウェイの順番を待ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

布引ハーブ園の展望エリアでおすすめ花火スポット

布引ハーブ園からの眺めは、晴れた日であれば神戸の夜景と花火をセットで見ることができます。

高い場所にあるので、基本的に眺めは良いのですが、せっかくなら良い場所で見たいですよね。

展望スペースのどの辺りから見るのがおすすめなのでしょうか?

布引ハーブ園の花火観賞スポットは大きく分けて3つあります。

①展望エリア

②ガーデンテラス

③芝生広場

①展望エリア

布引ハーブ園の山頂部に位置しているので、当然ですが最も高い場所から花火と夜景と見ることが出来ます。

「展望エリア」というだけあって混雑します。

②ガーデンテラス

展望エリアと芝生広場の間に位置します。

ここから見る景色はとても綺麗です。

ただ、ネックとしてはスペースが狭いです。3つのスポットの中で最も狭いです。

③芝生広場

中間地点にある芝生広場です。

芝生広場は広いので、ゆったりと見ることが出来ます。

高さは他の2つに比べて低いですが、元々高い場所にあるので、ここからでも十分見ることが出来ますよ。

①~③どこからでも、見ることが出来るので、もし時間に余裕があれば見比べてみてお気に入りの場所を見つけてください。

ロープウェイの往復チケットを購入すれば、「中間駅」と「山頂駅」の行き来は何度でも無料ですよ。

あと、布引ハーブ園の斜面は結構厳しいので、高さのある下駄やヒールは危ないですよ。

まとめ

布引ハーブ園から見る花火は迫力という点では、間近で見ることと比べたら劣ります。

ただ、夜景も見れて花火も楽しめますので他の花火大会と比べて、記憶の中にはかなり印象深く残っています。

布引ハーブ園は「山」ですので、蚊などの虫も多いので虫除けスプレーは必須アイテムですよ。

>みなとこうべ海上花火大会のまとめはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お祭り・花火大会
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

足立の花火場所取りの時間が夕方でも大丈夫な観覧場所は?屋台は?

夏の風物詩の花火大会! 東京で行われる花火大会のスタートを飾る「足立の花火」 せっかく行くなら、良い場所で花火を観賞したいですよね。 良い場所を確保しようと思えば、早い時間から現地に行けば確保すること …

天神祭って24日は屋台の時間は何時から?浴衣で行くのはNG?見所は?

日本三大祭の一つ、「大阪の天神祭」 毎年7月24日(宵宮)と25日(本宮)に実施されます。 25日は奉納花火がありますので、毎年にぎわっていて、ものすごい人出です。   では、24日はどうな …

多摩川花火大会は川崎と世田谷どっちが良い?屋台も楽しめる場所でおすすめを紹介

多摩川花火大会は川崎市と世田谷区で同日開催なので、どっちを見るべきか迷ってしまいますよね。 どっちで見ても一緒なんて意見もありますが、せっかく行くなら少しでも迫力ある花火を見たいですもんね。 多摩川花 …

鶴岡八幡宮例大祭の屋台と駐車場情報!満車の時に周辺で止められる場所

毎年9月14日から9月16日の3日間、鶴岡八幡宮にて例大祭が行われます。 例大祭は800年以上の歴史あるお祭で、鶴岡八幡宮では一年を通して最も重要な祭事で、その中でも、9月16日に行われる「流鏑馬」は …

酉の市浅草の楽しみ方と熊手の買い方!屋台の時間やおすすめは?

新宿花園神社や府中大國魂神社とともに、江戸三大酉の市の一つに数えられる浅草酉の市。 三つの酉の市の中でも、規模が最も大きく有名なのが「浅草の酉の市」です。 江戸時代から続く酉の市で、江戸っ子から「おと …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。