料理レシピ・裏ワザ

ステーキ肉を柔らかくする方法5選!安い固い肉が美味しくなったのは?

投稿日:2017年4月21日 更新日:

安いステーキ肉が高級ステーキ肉に変身
【スーパーで売っている安い肉が、ステーキ店で食べるような購入肉に大変身!】

 

スーパーの特売で買ったお肉って、繊維があるので、固くてあまり美味しくないですよね。

食感がゴムみたいというか・・・

 

できることなら自宅でも、ステーキハウスのような、トロけるような食感のお肉を食べたいですよね。

 

とは言うものの、A5ランクのようなお肉を買う予算もありません。

そんな時我が家では、スーパーで安く買ったお肉を、いかにして柔らかく美味しくするかを考えます。

 

安いお肉が柔らかくなる方法を、いくつか試した中で、手間がかかった割に効果がなかったもの、簡単で効果があったものを紹介します。

ステーキ肉を柔らかくする方法

固い肉や安いステーキ肉を柔らかくする方法を、5つ試してみました。

より効果的になるように、 お肉の筋を切ってから試すのがおすすめです。

 

お肉の筋切は、こちらの動画がわかりやすいです。

 

お肉に舞茸を敷き詰める

ステーキ肉を柔らかくする マイタケ

ちぎった舞茸をお肉に敷き詰めて、ラップを被せておくことで、安い固いステーキ肉が、とろけるような食感の高級肉に大変身するという裏ワザです。

 

舞茸には、「プロテアーゼ」という、お肉を柔らかくする成分が含まれています。

 

この方法をTVで見たので、早速試してみました。

 

お肉に舞茸を敷き詰めて、ラップを被せ、待つ事1時間(TVでやっていたよりも長めに漬け込みました)

テレビでは漬けこむ時間は、確か5分~10分でした。

 

期待に胸を膨らませながら、お肉を焼いて食べた結果・・・

思っていたほどではなかったです。

 

食べた瞬間、「柔らかくなってる!」と、驚きたかったんですが、残念な結果に終わりました。

 

我が家には、あまり舞茸を食べる習慣もないので、これ以来、お肉に舞茸の方法は試していません。

 

舞茸を細かくちぎって、ラップを敷き詰めて、と手間がかかる割にはイマイチな方法でした。

 

ステーキ肉をヨーグルトに漬け込む

ステーキ肉を柔らかくする方法 ヨーグルト

ジップロックなど、封ができる袋に「お肉」と「ヨーグルト」を一緒に入れます。

ヨーグルトがお肉にしっかり染み込むように、揉みこんだあと2時間放置しました。

 

ヨーグルトも舞茸同様に「プロテアーゼ」が含まれているので、お肉を柔らかくする効果があるそうです。

 

2時間後、お肉を焼き始めました。

正直、舞茸の時のような期待感はありませんでした。

 

お肉にヨーグルトの味が染みてしまって、不味いのでは?」と、最初から疑っていたからです。

 

焼きあがったステーキ肉の感想は・・・、「う~ん、本当にこれで柔らかくなるの?」です。

やり方が間違っているのか、使うヨーグルトが違うのか、理由はわかりませんが、効果なしでした。

お肉に生のパイナップルをのせて寝かせておく

ステーキ肉を柔らかくする方法 パイナップル
パイナップルも、舞茸やヨーグルトと同じように「プロテアーゼ」が含まれています。

やり方は簡単です。

 

固いステーキ肉の上に、生のパイナップルをのせておくだけで柔らかくなる!という方法です。

パイナップル以外にも、キウイやパパイヤも同様の効果があるそうです。

 

パイナップルをお肉の上にのせて待つ事30分。

 

焼きあがったお肉を食べてみた感想は、「柔らかくなった」です。

 

舞茸やヨーグルトよりも、スーパーの特売肉が柔らかくなりました。

 

ただ、我が家ではリピートはしません!

パイナップル(キウイやパパイヤ)を買うなら、そのお金でもう少しグレードの良いお肉を買ったほうが良いと思います。

 

パイナップルやキウイは、果物として食べたいですし。

ということで、固いお肉が柔らかくなった効果はありましたが、コスパ的にどうかな?という感じです。

スポンサーリンク

固いお肉を重曹水に漬け込む

ステーキ肉を柔らかくする方法 重曹
固いお肉を重曹を入れた水に漬けこんでおくだけで、トロトロの柔らかいお肉に変身する裏技です。

お水と重曹の分量は、10:1くらいです。

 

例えば、お水が200mlだったら、重曹は20gです。

 

重曹を混ぜたお水に、スーパーの安いお肉を1日漬け込みます。

 

1日漬け込んだお肉はどうなるのか?

焼いて食べた結果・・・、かなり柔らかくなりました。

 

固い肉が、ふわふわとした柔らかいお肉に変身しました!

重曹は、固いステーキ肉を柔らかくする効果ありでした。

 

ただ1つ欠点もあります。

それは、前日から仕込んでおかないといけません。

 

「今日はお肉が食べたい!」という日には、この方法は使えません。

 

お肉を柔らかくする効果はあるので、事前準備する時間がある時には、かなり有効な方法だと感じました。

 

すりおろした玉ねぎとお肉を絡ませる

ステーキ肉を柔らかくする方法 玉ねぎ
ジップロックなどを利用して、お肉にすりおろした玉ねぎを漬け込みます。

やり方は凄く簡単です。

 

・「すりおろした玉ねぎ」と「お肉」をジップロックに一緒に入れる

・ジップロックをシェイクして、よく混ぜ合わせる

・30分間放置する

 

先程から、何回も出てきていますが、玉ねぎにも「プロテアーゼ」が含まれています。

 

30分放置した結果、どうなったのか?

 

重曹ほどではありませんが、お肉は柔らかくなりました。

あと、玉ねぎが染み込んで、お肉自体の味が美味しく感じました。

 

この方法は、すりおろした玉ねぎも、一緒に炒めて食べることができるので、無駄がありません。

 

ジップロックを使って混ぜるので、洗いものも楽ですし。

 

お肉の柔らかさ加減でいうと、重曹の次に柔らかくなりました。

ステーキ肉を柔らかくする方法5選!安い固い肉が美味しくなったのは?まとめ

固いお肉や安いステーキ肉を柔らかくする方法を、5つ紹介しました。

 

実際、試した結果、一番柔らかくなったのは「重曹水」です。

2番目は「玉ねぎ」、3番目は「パイナップル」という順番です。

 

重曹は、1日漬け込む必要がありますが、固いお肉がふわふわ食感になったので、時間がある時は有効な方法です。

 

今回試した中で、「時間」「費用」「無駄なく食べられる」ということから考えると、 玉ねぎが手軽に出来て良いんじゃないかな、と思います。

 

重曹やパイナップルだと、わざわざ購入する必要がありますが、玉ねぎはどこのご家庭にもあると思うので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

【この記事を読まれた方は、他にもこんな記事を読んでいます】
簡単に美味しいカレーを作るおすすめの隠し味!ホテルのカレーを再現
チャーハンがパラパラにならないのはなぜ?家庭での火力と作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-料理レシピ・裏ワザ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

酢飯の作り方

酢飯の失敗しない作り方のコツ!簡単で美味しい4つのポイント!

美味しいカレーの作り方は隠し味に違いがあった!二日目の食べ方も紹介

家庭料理の定番のカレーですが、カレーってお店はもちろんですが各家庭によっても本当に味が違いますよね。 シャバシャバしたのが好きな人もいれば、じっくり煮込んだとろっとしたカレーが好きな人もいますよね。 …

ネイルでキッチン

ネイルしたままでも料理できるキッチングッズ!お米も簡単にとげる!

【ネイルしている日の料理で便利なキッチングッズ 冬の水仕事にも】 年齢や職種を問わず、ネイルを楽しむ女性が増えましたね。   せっかくなら「きれいな状態で長持ちさせたい」、 でも「料理や掃除 …

簡単に美味しいチーズケーキの作り方

チーズケーキを冷凍庫に冷やすだけで濃厚な味わいに!簡単レシピ♪

びっくりするくらい簡単に、濃厚な味わいのチーズケーキを、誰でも作れてしまう方法があります。 しかもオーブンも不要で、超低予算で作れます。   それは、チーズケーキを冷凍庫で冷やすだけです! …

玉子多めの丼

一人暮らしの自炊で簡単に安く作れて美味しい丼レシピ!

一人暮らしをしていると、お金がかかるので、なるべく食費を削りたいですよね。 私も結婚前、独身生活をしているときは、「いかに食費を安く抑えるか」と考えていました。   とはいうものの、コンビニ …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。