健康・病気

子供が卵アレルギーでもインフルエンザの予防接種は大丈夫?副作用は?

投稿日:


卵アレルギーがあるので、インフルエンザの予防接種を子供に受けさせるべきなのかについて、悩んでいる親御さんも多いと思います。

インフルエンザに感染するのも怖いですが、予防接種したことによってのアレルギー反応も気になりますよね。

卵アレルギーをお持ちのお子様が、予防接種をすることによるメリットやデメリットをご紹介します。

子供が卵アレルギーでもインフルエンザの予防接種は大丈夫?

インフルエンザワクチンには、微量ながら鶏卵の成分が含まれています。

そのため、子供に接種するべきなのか、しない方が良いのか迷ってしまわれると思います。

特に幼児の場合は、インフルエンザに感染するリスクとワクチンを接種した事によって起こる症状とを天秤にかけなければいけません。

現在日本で使用されているワクチンは、高度な精製処理が施されていますので、鶏卵の成分はかなり微量です。

ですので、卵アレルギーを持っていても、「調理した卵を食べられる人」や「卵を使用した加工食品等を食べても異常がない人」はインフルエンザの予防接種が可能とされています。

軽度の卵アレルギーであれば予防接種は大丈夫だと判断する病院がほとんどです。

ただ、次のような場合は予防接種の際には特に注意してください。

・卵を食べてじんましんが出たことがある人

・アナフィラキシーショックを起こしたことがある人

・卵アレルギースコアー5以上の人

このような場合は、予防接種を断られる病院もあります。

その場合は、皮内テストを実施してからの判断になりますが、皮内テストはどこの病院でも実施しているわけではありません。

ですので、事前に病院に皮内テストを実施しているかどうかを確認された方が良いと思います。

皮内テストを実施したうえで、インフルエンザ予防接種後にアレルギー反応が出た場合でも対応可能な病院を紹介してもらえる事もあるようです。

子供がインフルエンザの予防接種を受ける時は、たとえ些細なことでも細かくお医者さんに相談するようにしてくださいね。

病院やお医者さんの考え方によっても判断が違うようですので、細かすぎるくらいの報告がちょうど良いですよ。

幼児の場合は、インフルエンザにかかってしまうと合併症などを発症するリスクもありますので、予防接種をするメリットとデメリットも考えながら行うことが重要ですね。

インフルエンザの予防接種の副作用 卵アレルギーの人は注意!

インフルエンザの予防接種の副作用は、健康な人でも出る症状です。

副作用は、ワクチン効果を高める為の症状ともいわれていて、基本的には一時的な軽い症状のものがほとんどです。

■予防接種した箇所に出る副作用

・腫れる

・赤くなる

・熱を持つ

・痛みが出る

・かゆみ

・発疹

注射を打った箇所に出る反応ですが、この中でも卵アレルギーのある人におこりやすいのが「かゆみ」と「発疹」です。

軽度の卵アレルギーの場合、副作用の症状が出るとしても「かゆみ」や「発疹」のことがほとんどのようです。

ただ、稀に呼吸困難に陥ることもありますので注意が必要です。

卵アレルギーを持っていて、過去に副作用の症状が出たことがない人でも注意が必要です。

インフルエンザのワクチンには、微量といえども鶏卵の成分が含まれていますので、予防接種をした後、30分程度は病院で待機しておかれた方が良いと思います。

何か体に異常を感じた場合は、すぐに医師に相談するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種が打てない場合の対策は?

卵アレルギーで予防接種が打てない場合や、心配なので予防接種をしない場合の対策について紹介します。

予防接種が出来ない場合、これをすれば完璧というものは残念ながらありません。

(そもそも、予防接種をしてもインフルエンザの感染を100%防ぐことは出来ません。1歳~6歳までの有効率は30%前後といわれています。インフルエンザの予防接種の有効率についてはインフルエンザ予防接種の効果や効き目の期間?で紹介しています)

インフルエンザの予防について

・インフルエンザの感染方法

インフルエンザに感染している人が触った、ドアノブ・エレベーターのボタン・手すり・便座など、ありとあらゆる所から感染する可能性があります。

また、咳やくしゃみなど、会話をした時などに発生する小さな粒子(飛沫)に含まれているウィルスを吸い込むことによっても感染します。

・手洗い

ウィルスが身の回りのものについている可能性がありますので、こまめに手洗いが必要です。

食事の時は、なるべく手で触らずに、食器を使用するようにしてください。

食器を使用せずに食べる場合は、手洗い+ウィルスを除菌できるスプレーなどを使用されると効果的です。

・うがい

喉の粘膜を潤す為に有効だといわれてきました。

ただ、喉の粘膜についたウィルスはすぐに細胞内に侵入するので、近年の研究で効果的ではないとされています。

うがいをしているから感染を防げるわけではないのですが、しないよりはした方が良いです。

世界の国々では、「うがいをする習慣」はないそうです。

・マスク

市販で売っている一般的なガーゼマスクでは、ウィルスを遮断することは難しいです。

ガーゼマスクの目よりもウィルスの方が小さい為、マスクをしていてもウィルスを吸い込んでしまいます。

ウィルスより目の細かいウィルス用のマスクであれば効果がありますが、その分お値段も高いです。

・十分な睡眠

睡眠不足などにより、体調が優れない時は病気になりやすいものです。

体調不良で人混みに紛れてしまうと、感染する可能性が高くなってしまいますので、しっかり休息を取る事が大切です。

・栄養バランスの取れた食生活

栄養が偏っていると、体調不良の原因にもなりますので、バランスの取れた食生活を意識することも大切です。

予防接種以外で、一番簡単にできて効果的な予防方法は「手洗い」です。

子供は色々な所を触りますので、こまめに手洗いをするように教えてあげてください。
      

子供が卵アレルギーでもインフルエンザの予防接種は大丈夫?副作用は?まとめ

子供が卵アレルギーの場合の予防接種は、「調理した卵を食べられる」のであれば問題ありません。

ただ、稀に副作用の症状が出てしまう場合もありますので、インフルエンザの予防接種前に必ずお医者さんに相談してください。

アレルギー反応が強い人は、「皮内テスト」を実施してくれる病院もありますので、事前にテスト可能かどうかを確認された方が良いと思います。

こちらのインフルエンザの予防接種は子供は必ず二回必要?でも紹介していますが、子供の場合はインフルエンザの予防接種を2回打つ必要がありますので、効果と副作用を考えて慎重に判断してください。

もし、予防接種が出来ない場合は、手洗いなどの予防をしっかり行って、少しでも感染のリスクを減らしてあげてください。

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク

-健康・病気
-,

関連記事

体温計持っている人

微熱でも病院に行くべき?放置しておくのは危険かも!?

「微熱が続いているけど病院には行っていない」という方もいると思いますが、危ないかもしれませんよ。   年末に少し体調を崩して、37度くらいの微熱と鼻水の症状があったので、念のため病院に行きま …

熱中症の対策や予防方法と外や家にいる時に注意するべきこととは?

ジメジメした梅雨が終わると暑い夏の季節ですね。 夏になるとニュースでよく取り上げられるのが「熱中症」です。 夏の強い日射しの下で運動やお出かけしている時はもちろんですが、室内で過ごしている時にも熱中症 …

アタマジラミのチェック方法と卵の見つけ方 発見したらどうする?

※アタマジラミの写真や画像などは一切載せていませんので、安心してくださいね。 子供が頭を痒がっている、これってアタマジラミかな? 幼稚園から「適切な対処を」とお知らせがきたけれど、特に検査をしてくれる …

銀歯が取れた場合の作り直しの費用は?2年間は保険が効かないって本当?

突然、銀歯が取れてしまった! そうなったら、当然新しい銀歯を作りなおすことになると思います。   そんな時、歯医者さんのルールを知らないと、実は払わなくて良いお金を払ってしまっていたという事 …

アタマジラミが子供に発生する原因と症状 正しい予防方法で対処

※アタマジラミの写真や画像などは一切載せていませんので、安心してくださいね。 子供のアタマジラミが流行っていますので、小さい子供を持つご家庭は心配ですよね。 幼稚園や保育園から、「数名の園児にアタマジ …

ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。