健康・病気

微熱でも病院に行くべき?放置しておくのは危険かも!?

投稿日:

体温計持っている人
微熱が続いているけど病院には行っていない」という方もいると思いますが、危ないかもしれませんよ。

 

年末に少し体調を崩して、37度くらいの微熱と鼻水の症状があったので、念のため病院に行きました。
ただの風邪だろう」と思っていましたが、検査の結果、意外にもインフルエンザの陽性反応が出たんです。

 

微熱だと思って放置しておくと、重病になる可能性もあるそうですので、「微熱や鼻水・体がだるい」などの症状がある人は注意してください。

微熱でも病院に行くべき?

インフルエンザの症状の特徴の「高熱」や「全身のだるさ」のようなものはなかったので、まさかインフルエンザだとは思ってもいませんでした。

 

インフルエンザの予防接種も受けていましたので。
念のため、病院に行って薬をもらっておこう」と軽い気持ちで行きましたが、「行っておいて良かったぁ」と思いました。

 

まさか37度くらいの熱で、インフルエンザにかかっているなんて、想像もしませんでした。

ただ、お医者さんに聞いた話しだと、「不顕性感染(ふけいせんかんせん)」といって、そういった症状はあるそうです。
なんでも、症状がほとんど出ないので、体にウィルスが入ったことに気づきにくいらしいです。

 

なぜ、インフルエンザに感染しているのに症状が出ないのか?

先生が言うには、

健康な人だと、ウィルスが体に入った時に戦おうとするので、高熱が出やすいんです。
ですので、通常はインフルエンザの症状として高熱が出るんですね。

ただ、抵抗力が弱っている人やお年寄り、免疫が十分にできていない子供の場合は、体内にウィルスが入っても体が反応しにくいんです。
そのため、実はインフルエンザに感染しているのに、気づかないという場合があるんですね。

と、おっしゃっていました。

 

「でも先生、私はお年寄りでもなければ、子供でもないのに、なぜなんですか?しかも予防接種まで打っているのに」と聞くと

予防接種を打っているからだと思いますよ。
本来であれば、インフルエンザにかかると、高熱や全身のダルさなどの症状が出ますが、出なかったのは予防接種を受けていたので、その症状がおさえられたんだと思います。
ですので、予防接種を受けていなかったら、本来のようにインフルエンザの症状は出ていたと思いますよ。

 

予防接種をしていたので重症化しませんでしたが、病院で検査していなければ、インフルエンザウィルスをまき散らすところでしたので、少し微妙な気持ちでした。

 

今回、「不顕性感染(ふけいせんかんせん)」という言葉を初めて聞きましたが、「隠れインフルエンザ」が、不顕性感染にあたるそうです。

隠れインフルエンザの症状とは?

症状としては【微熱】【鼻水】【体がダルい】など、「風邪かなぁ?」と思うレベルです。
実際、私もそうでしたので。

 

大人の場合、熱が37度出ないこともあるそうで、子供だと37度くらいのレベルでも、感染していることもあるようです。

 

インフルエンザが流行する12月~4月くらいまでの間は、【微熱】【鼻水】【体がだるい】などの症状がある場合、注意した方が良いですね。

スポンサーリンク

隠れインフルエンザを放置しておくとどうなるのか?

ウィルスに感染しても、「体調が悪くならないのだったら良いのでは?」と一瞬思ってしまいましたが、知らない間にインフルエンザの感染源になっているので、周囲の人にかなり迷惑がかかってしまいます。

 

症状はなくても、インフルエンザに感染していることに変わりはないですからね。

 

あと、お医者さんが言っていたのが、「若い人は可能性は低いですが、気づかずに放置しておくと、高齢の方の場合、肺炎などを発症してしまうこともあります」とのことでした。

ですので、周りの高齢の方で「ちょっと熱っぽい」とか「鼻水が出ている」などの症状の方がいる場合は、一度病院に行かれることをオススメした方が良いと思います。

 

あと、もう一つ「糖尿病の人」や「糖尿病になりかけている人」も危ないそうです。
糖尿病は万病のもとといわれている病気で、抵抗力が落ちるようなので、注意が必要ですね。

隠れインフルエンザの予防方法は?

予防方法は、一般的に言われているものと変わりません。
ただ、1つだけ初めて聞く予防方法がありました!

 

よく聞くのが、「手洗い」や「殺菌・消毒」だと思いますが、実は「歯磨き」も効果があるそうです。
お医者さんが言うには「口の中に菌がいるので、歯磨きをして口の中を清潔にしておくのも、予防効果がありますよ」ということでした。

 

歯磨きをする時に、一緒に舌も磨いておくと良いそうです。
舌は歯ブラシで磨くと、傷ついてしまうので、舌磨き専用の器具を使った方が良いですね。

微熱でも病院に行くべき?のまとめ

微熱の場合、病院に行くのも面倒なので、放置してしまいがちだと思います。
「こんな熱で病院にこなくても」と思われそうですしね。

 

ただ、37度くらいの熱でもインフルエンザに感染している可能性もありますので、「これくらい大丈夫だろう」と油断せずに、病院に行った方が良いと思います。

 

抵抗力が落ちている人や、免疫ができていない子供の場合は、健康な人に比べて、隠れインフルエンザに感染する可能性が高いそうですので、注意が必要ですね。

健康関連記事

インフルエンザっていつ打てばいいの?効き目の期間はどのくらい?
夏風邪の症状で咳が止まらない時の対策や治し方!長引く場合は要注意!
梅雨になると咳が止まらなくなるのはなぜ?どうすれば治るの?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康・病気
-

関連記事

インフルエンザ予防接種の効果や効き目の期間は?いつ打つのがいいの?

インフルエンザの感染を防ぐには予防接種が効果的といわれますが、いったいどの程度の効果があるのでしょうか? 「インフルエンザの予防接種をしたのに、インフルエンザにかかった」という話しも聞いたりします。 …

アタマジラミのチェック方法と卵の見つけ方 発見したらどうする?

※アタマジラミの写真や画像などは一切載せていませんので、安心してくださいね。 子供が頭を痒がっている、これってアタマジラミかな? 幼稚園から「適切な対処を」とお知らせがきたけれど、特に検査をしてくれる …

スマホえんきん2袋

スマホの見過ぎで焦点が合わない!スマホえんきんをお試ししたレビュー!

最近、スマホの画面を見る時に目の焦点が合わなくなっている事に危機感を感じていました。   ご飯を食べるときに、「お茶碗の中のご飯がぼやけて見えた」ので、これはいよいよヤバイなと思い、「スマホ …

インフルエンザの予防接種 子供は二回必要?理由と二回目の間隔はいつ?

インフルエンザの予防接種は子供の場合は二回必要といわれていますよね。 子供といっても幅が広く、子供の年齢によっても予防接種の効果は大きく違います。 インフルエンザの予防接種は子供に二回必要なのか? 必 …

夏風邪の症状で咳が止まらない時の対策や治し方!長引く場合は要注意!

咳が止まらない時って本当に辛いですよね。 喉も痛くなりますし、体力もなくなってくるので。 咳が止まらないというのも夏風邪の症状の一つなのですが、夏風邪というと、何となく冬に引く風邪よりも軽いイメージを …


ブログを見ていただいてありがとうございます。
管理人のマキゾーです。

観光や調べものが好きな管理人・絵本と工作が好きな妻、それに付き合ってくれている2人の子供、計4名でお届けしています。

観光情報や季節情報は管理人が、工作や美容は妻がメインで記事を書いています。